驚異の技術を搭載!進化型「シャーペン」6選

手書きの楽しさを存分に味わえる

【POINT02】ワンノックしたあとは芯が自動で出るからストレスフリー

最初にワンノックすれば、あとはノックなしで書き続けることができます。パイプ先端が紙面から離れると同時に、自動で芯を送り出す仕組みです。これを自動芯送り機構といいます。

【その6】筆記感を選べる新開発シュノークシステム

プラチナ万年筆 プロユース171 1620円

製図用シャープペンのプロユースがバージョンアップしました。シュノークシステムにより、芯パイプの長さや芯を守るクッション機能のオンオフを選べ、セルフカスタマイズが可能です。●芯径:0.3㎜、0.5㎜、0.7㎜、0.9㎜●重さ:23g●カラバリ:全4色(太さによって本体色が異なります)

【POINT01】セーフティスライド機構で折れにくい

強い筆圧がかかった場合、内蔵したサスペンションの機能で、芯がスライドし衝撃を吸収する。クッションが効いているため筆圧をかけても芯が折れない。

次ページクッションのオンオフは切り替えが可能
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング