「折れない」シャープペンはこうして生まれた

5年をかけ開発、ゼブラ「デルガード」がヒット

芯が折れないシャープペンとして「デルガード」の販売は好調だ(写真:ゼブラ提供)

ペーパーレス化などどこ吹く風。筆記具業界の拡大が続いている。経済産業省の調査によれば、2016年の筆記具の市場規模は1640億円と、5年連続で増加した。なめらかな書き味をウリにした三菱鉛筆の「ジェットストリーム」、摩擦熱でインクが消えるパイロットの「フリクションボール」など、ボールペンが牽引役になっている。

ただ伸び率で際立っているのはシャープペンだ。市場規模こそボールペンの4分の1ながら、成長率はボールペンやマーキングペンなどを圧倒する。2016年のシャープペンの出荷金額は190億円と、この5年間で32%も増加した(ボールペンは同24%増の795億円)。

「機能に特色のあるシャープペンが売れている」と話すのは、東急ハンズでバイヤーを務める江守一王氏だ。「握りやすく疲れにくい」「落としても中で芯が折れない」「芯が最後の1ミリまで使える」……、文房具売り場には機能を訴求した商品が数多く並ぶ。1000円を超えるなど高単価の商品の売り上げも好調という。

ゼブラ新製品が2年で1000万本のヒット

高機能シャープペンのさきがけとなったのは、2008年に発売された三菱鉛筆の「クルトガ」だ(税抜き450円~)。筆記中に芯が回転することで、常にとがった芯先で書くことが可能だ。発売から5年で2000万本を売り上げる爆発的ヒットを飛ばし、現在でも人気商品の筆頭に挙がる。

そして今、クルトガと双璧をなす人気商品になっているのが、ゼブラの「デルガード」だ(税抜き450円~)。2014年11月の発売からわずか2年で1000万本を売り上げた。「日経POS情報のデータでは、機能性シャープペンでのシェアはそれぞれ3割を占め、トップを競っている」(ゼブラ広報)。

デルガードの特徴は芯が折れないというものだ。強い筆圧がかかると、先端の金属部分が自動で出てきて芯を包み込み、折れることを防ぐ。「シャープペンの最大の欠点は芯が折れてしまうこと。デルガードがヒットした理由はその宿命を防いだ点にある」と、文具コンサルタントの土橋正氏は解説する。

次ページ2009年から開発はスタートしたが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT