「折れない」シャープペンはこうして生まれた

5年をかけ開発、ゼブラ「デルガード」がヒット

さあいよいよ生産ラインに乗せて販売へ、となるはずだったが、サンプルを使っていた社員から物言いがついた。「カチカチと音がうるさい」というのだ。

デルガードの部品は芯を除いて22点を数える(記者撮影)

デルガードの部品は20点以上と通常の倍に及ぶ。部品点数が多いため、1つ1つの部品が小さい。筆記具としての耐久性を維持するため、部品の多くが金属製だ。その金属部品が筆記の振動で当たって音を立て、「集中するのに邪魔になる」という。

製品化へ向けて製造ラインはすでに動きだしていたが、急きょ稼働を止めた。部品が当たる箇所にOリング(樹脂でできたドーナツ状のパーツ)を取りつけ静音化に対応した。

小学生にもヒット

標準的なシャープペンの部品(記者撮影)

構想から5年、やっと日の目を見た折れないシャープペンの反響は予想を超えていた。シャープペンは中学生以上の学生に使われることがほとんどだが、「デルガードは小学生の購入者も多い」(ゼブラ広報)。

芯が折れないという機能から、「筆圧の加減がわからない小学生でも使いやすいため、親も買い与えやすい」(同)ためだ。

学校では使用が禁止されていても、鉛筆のように削る手間がないことから塾通いの小学生などのニーズは高い。折れない機能は新たなユーザーの開拓につながっている。

感謝の声が届いたこともあった。「手が不自由な方からでした。今までは芯が折れてしまったが、デルガードで生まれて初めてシャープペンを使うことができた、というものでした。まったく想定していなかったですが、このお便りには涙が出てきました」と月岡氏は思い返す。

次ページ2016年に実装された機能とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。