「折れない」シャープペンはこうして生まれた

5年をかけ開発、ゼブラ「デルガード」がヒット

ゼブラでデルガードの開発がスタートしたのは2009年のことだ。新しい機能を持ったシャープペンの開発にあたって、「折れない」機能を持たせると、コンセプトはすぐに決まった。

もっとも、折れ「にくい」シャープペンは他社ですでに発売されていた。強い力がかかることで、芯が引っ込む機構を採用したシャープペンだ。ただ「垂直の力に対しては有効だが、書くときは斜め。必要なのは角度がついた状態で折れないようにすることだ」とゼブラの月岡之博・研究開発部主任研究員は話す。

折れないというコンセプトは明快だったが、実現はたやすいものではなかった。そもそも筆記中の芯折れを防ぐ妙案が浮かばない。「どうしてもすでにある、引っ込める技術が頭から離れない。どうやって芯を引っ込めるかということばかり考えていた」と月岡氏は振り返る。機構案が出ないまま、いったん別の商品開発に着手して、折れないシャープペン構想を中断した時期もあった。

着手からすでに3年が経過していたあるとき、ふっと出てきたアイデアが「カバーで芯を覆う」という案だった。

「カバー」の調整に半年かかった

強い筆圧がかかったときだけカバーが降りる仕組みを持つ(写真:ゼブラ提供)

ただ、普通の筆圧で書いているときでもカバーをしてしまっては、書き味が悪い。通常は収納されていて、過度な筆圧がかかったときだけカバーが降りて覆う機構が必要だった。

ペン先で芯を支えているスライダーと呼ばれる部品にカバーの役割を持たせる。そのスライダーに傾斜をつけて、ペン先から飛び出るように設計する。そこにスプリング(バネ)をつけて、一定以上の筆圧がかかればスプリングが伸びてスライダーが滑り降りるーー。機構の構想は定まった。

難航を極めたのはスライダーとスプリングの調整だった。スライダーが滑り降りるための傾斜の角度を何度にするか、スライダーの表面をどう加工すると滑りがよいか、材質は何がいいか…、などを考え抜き、試作に試作を重ねた。スプリングも2つ入れ込み、100パターンに及ぶ組み合わせを一つ一つ検証した。プロトタイプが完成したのは、機構が固まってから半年が経過していた。

次ページ販売直前に「待った」がかかった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。