驚異の技術を搭載!進化型「シャーペン」6選

手書きの楽しさを存分に味わえる

【POINT02】筆記感と芯パイプの長さを選べるからストレスフリー

軸をひねりクッションのオンオフを切り替えます。紙の感触を感じながら書きたいときはオフに。

紙とペン先端の距離も調整可能

芯パイプの長さを変えられます。紙とペン先端の距離を調整し、書きやすいペン先に調整可。

文房具ライター・きだてたく
機能派から玩具系まで、様々な文房具を使い倒す。近著『日本懐かし文房具大全』(辰巳出版刊)
 
GetNavi webの関連記事
「文具PR委員」が絶賛した文房具7選――2017年「ISOT」で衝撃を受けた新作たち
消しゴムの使い方…中高生のままじゃない? 文房具のプロが教える社会人向け「機能系消しゴム」3選
もう買い足さなくてOK! 思い出を永遠に保存可能な「お絵かきデバイス」なら紙の無駄がなくなる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング