驚異の技術を搭載!進化型「シャーペン」6選

手書きの楽しさを存分に味わえる

進化を続けるシャープペンシル
当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

最近の文房具シーンで最も注目を集めているのが、「進化型シャープペンシル」です。芯が折れないのは、もはや当たり前。各社とも一歩進んだストレスフリーな機能を追加し、さらなる進化を遂げています。本記事では代表的な6本を紹介。一度使ってみればその使い心地、やみつきになるに違いありません。

【その1】消しゴムまで! 最強のストレスフリーシャープ

ゼブラ デルガードER 756円

鉄壁の防御機構で芯を守る「デルガード」に、消字機能をプラスしたモデル。ペン軸を逆さにするだけでキャップレスの新型消しゴムが現れます。消してすぐ筆記に戻れるから集中力が途切れません。書き心地は、しっとりした質感のゴムグリップにより夏場の手汗に強く、長時間の筆記でも疲れにくくなっています。●芯径:0.5㎜●重さ:11g●カラバリ:全6色

【POINT01】特殊先端パーツ&内蔵スプリング

紙に対し斜めの筆圧がかかると、自動的に特殊先端パーツが飛び出し芯をガード。垂直の筆圧は内蔵スプリングが吸収します。スプリングと先端パーツは、加わる力や角度に合わせてガード能力を配分して作動。5kgの筆圧をかけても折れません。

次ページ消しゴムがサッと出る!
関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。