オフィスで「手書き」を快適にする文房具3選

文房具の達人が「技アリ」アイテムを指南

先端が太くても細くても、だいたいはうまく収まる。CONFETTi「ぺんコッコ」

資料作成やデータ・メールの整理といったデスクワークは、日々誰もが行う基本業務。とはいえ、同じ作業が長く続けば気分が滅入ってくることもあるのではないでしょうか? そんなときは、普段とは違った文房具を仕事に取り入れ、気分を変えてみましょう。ユニークなアイテムを使えば、ともすれば停滞しがちな思考を動かしてくれるかもしれませんよ。そんな発想力に満ちたアイデア文房具を教えてくれるのは、3000以上の文具コレクションに囲まれて暮らしているという文具ライター・きだて たく さんです。

ペン立てを増やすなら“一輪挿し”が正解!

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

【その1】特別な筆記具を素早く効率的に取り出せる「ぺんコッコ」

文房具を色々と気にするようになると、誰もが必ずぶち当たる問題がある。それが「ペン立てがギチギチになってて必要なペン取り出しにくい問題」である。

要するに、普段使いの筆記具やハサミなどを机の上のペン立てに無造作にぼんぼこ投げ込んでいった結果、ペン立ては立錐の余地もなくギッチギチのパッツパツ。いざメモを取ろうかという場面でも、とっさに使いたいペンが見つからないし、見つかってもなかなか取り出せない……という話だ。

このペン詰まり状態。自分が招いた状況とはいえ、イライラが止まらない
次ページ最もシンプルな解法は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT