驚異の技術を搭載!進化型「シャーペン」6選

手書きの楽しさを存分に味わえる

【POINT02】振るだけで芯が出るからストレスフリー

ボディを振ることで内蔵された重りが動き、ノックの役割を果たす「フレフレ」機構を採用。ペンを持ち替えノックする手間が省けるため、スムーズな連続筆記が可能です。

【その4】線の太さがずっと変わらない

三菱鉛筆 アドバンス 594円

一画書くたびに芯が回転して芯先をとがらせるシャープペン「クルトガ」がパワーアップ。従来の2倍のスピードで芯が回り、より細くキレイな文字を書き続けられるようになりました。プラスチック製のグリップは滑りそうに見えて、握り心地良し。凹凸が指にフィットします。●芯径:0.5㎜●重さ:12.3g●カラバリ:全6色

【POINT01】芯折れ防止機構が秀逸で折れにくい

芯折れを防ぐため、ペン先には芯を先端から出さなくても筆記可能なスライドパイプを使用。一度ノックしたら、パイプが収納されるまで芯が折れません。

次ページ1画ごとに18度芯が回転
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング