誕生日にバレる!「永遠に残念な人」の3欠点

「自分でアピールする人」多すぎです

そして、一流の誕生日を迎える人ほど、「年を取るほどに謙虚になっていく」ものである。

【3】年を取るほど、さらに謙虚になる

年月が経つにつれ、実績も重なり、自分を認め、尊敬してくれる人も増え、ちやほやされるケースも増えていくかもしれない。

そんなとき、一流の年の重ね方をする人は、「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」をガチに実践し、よりいっそう謙虚になっていくのだ。

経験と実績が増え、社会的に一目置かれるようになっても決して驕ることなく、その目線はより高く、腰はより低くなっていくのである。

今年も「二流の誕生日」を迎えた、恥ずかしい私

ここまで、いつもながらの「下から目線」で、誕生日の過ごし方に関して、傾聴に値する話を書きつづってきた、「自称・グローバルエリート」の私。

しかし何を隠そう、この「二流の誕生日を迎えてしまっている張本人」こそ、この記事を公開した7月27日に本当に誕生日を迎える、この私なのだ。

「東洋経済オンライン」の自称・大人気連載で、公私混同も甚だしく、自分の誕生日を公開してしまった、「かまってちゃん」大全開の私。

しかし、私のような「二流の年の取り方」しかできない人物がこの世の中からいなくならないかぎり、この世の中は何もよくならない。

そして、せっかくの誕生日なのだから、「本日だけは打ち方止め!」で休戦協定を結び、「せっかくの誕生日なんだし、お祝儀相場で、グローバルメールマガジンを読むなり、せめて祝賀ムードでコメント欄を『ハッピーバースデー、ムギムギ!!』などと温かく包んであげよう」とするのが、一流の人の「人としてのあり方」ではないだろうか。

なお、誕生日を迎えた私をどうしても祝福したい方、ないし、柔らかくて比較的どうでもいい人生相談をされたい方は、こちらのアンケートフォームでご連絡いただければ、誠心誠意、お答えさせていただく所存である。

最後に、今月ないし来月が誕生日の皆さん、お誕生日おめでとうございます! すばらしい1年をお過ごしください。ハッピバースデートゥーユー!!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。