誕生日にバレる!「永遠に残念な人」の3欠点

「自分でアピールする人」多すぎです

最後に誕生日にバレてしまうのが、なんといっても、いくつになっても「まったく成長しない」ことである。

「心の成長」がないと「童心」は未熟な証拠

【3】年を取ってもいっさい成長しない

「人の精神年齢の自然成長率は約20歳で停止する」という驚くべき説を私が唱えて久しいが、なかには一足早く、中学生頃から精神的な成長をストップされる残念な人もいらっしゃる。

子どものときから学習習慣が身に付いていないと、単に年を取るだけでは頭も心もまったく成長しないのだ。

これは、「いくつになっても童心を忘れない、かわいいところがある」という問題ではない。

この「童心を忘れない」というのは、大人として成長し、責任を果たしながら反面、無邪気なところがあるからかわいらしいのである。

それが、まったく成長のかけらもなく、何ら大人としての責任を果たさず、子ども時代と変わらずふざけて遊びほうけているようでは、これは単に「幼稚で未熟なだけ」だといわれもやむをえないだろう。

このような「精神の成長にいっさいの関心を払わない二流の人々」は、昨年に比べて1ミリも成長していないのは当然のことながら、10年前、20年前と比べてさえも成長の軌跡が見つからない

それどころか、幼稚なテレビ番組ばかり観て、知的にも精神的にも退化の一途をたどっていくのだ。

「この人は年を取るだけで、まったく昨年から成長していない」と後ろ指をさされても、何ら文句を言えないのである。

次ページでは「一流の秘訣」は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング