木村屋の「クリームパン」が売れている必然

袋パンで「食品添加物不使用」に挑んだ

一方、安定した製品を効率よく作る改善も進めた。具体的には、パンを作るうえでの基準や手順を決めて効率化する、商品設計のタイミングでの利益管理を始めたのである。たとえば、クリームパン用の天板は、丸いくぼみを付けて1枚当たり5個ずつ3列で15個のパンを焼く形に統一。以前は、1つの天板に無理やり詰め込んでいたため、食味や風味のバラツキ、ロスが多く出ていたが、工程を見直した結果、成形過程でのロス率も半減した。

クリームパンでは、1つの天板で15個焼けるように徹底した結果、製造工程での商品ロスが減った(撮影:尾形文繁)

膨張し続けていた商品アイテム数も絞り込んだ。木村屋ではそれまで30~40年間、毎月20種類もの新商品を売り出し続けてきた結果、ピーク時にはアイテム数が2680にまで膨張。そこで、食パンを思い切って3年前に製造を取りやめるなどして、4年かけて1358にまで絞り込む。開発点数も1カ月3品まで減らし、一つひとつの商品を丁寧に育てる方向へ転換した。

取引先数も大幅に減らした

取引先の数も思い切って見直した。「毎日の受注量が、納品する前日の朝にならなければわからない」(福永副社長)スーパーは珍しくない。しかも、チラシを打つ日は大量注文し、そうでない日は注文しないなど、バラツキが大きいところもある。そこで、受注量の増減が激しいところから撤退するなどして、2013年時点で136あった取引チェーン数を4年かけて76にまで絞り込んだ。

構造改革を進めた結果、スーパー・コンビニ向け事業は2年前から黒字化した。同時に社内にも変化が起き始め、2013年時点でゼロだった女性の管理職が、2017年3月時点で正社員290人中6人にまで増加。残業時間も大幅に減った。

木村屋が取り組んだのは、結局、事業の近代化といえる。製造現場でも営業面でも無駄をなくし、「一手間かけておいしいものを作る」という原点に戻ったことで、利益率が高い商品誕生に至ったのである。そのパンはヘルシーでおいしく、ヒット商品になった。

その過程に大きなドラマがあるわけではない。シンプルパンを作るために、設備投資を行ったわけでもない。大量生産品から食品添加物をすべて排除するといった、理想を高く掲げたわけでもない。外からの視点を取り込み、慣行に押しやられていた「当たり前」を取り戻しただけだ。それは、もしかすると、どの現場でもできることなのかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT