木村屋の「クリームパン」が売れている必然

袋パンで「食品添加物不使用」に挑んだ

大手チェーンのPB商品として売り出した新製品は2016年7月から2017年2月まで販売したが、その後発売中止に。しかし、その間、木村屋は独自商品として4種を不使用にした「ココアミルクパン」「抹茶ミルクパン」を開発。2016年10月から1月までテストマーケティングを行い、手応えを得ていた。

「すごくシンプルだね」「こんなのが欲しかったの」という客の反応もあり、福永副社長は「シンプルパンが袋パン事業の柱の1つになる」と確信。今年3月のブリオッシュ風クリームパン発売に踏み切った。製造に手間がかかるシンプルパンだが、その利益率は袋パンの中でも随一という商品に成長している。

現場にはびこっていた非効率な体質

シンプルパンが成功した背景には、従来の袋パン事業を根本的に見直したことがある。同事業を率いる福永副社長は、生命保険会社を経て、製造業のコンサルタントに転じた経歴の持ち主で、木村屋に入るまでパンの知識はゼロだった。が、だからこそ、見えてきた問題がたくさんあったのである。

高度成長期に大量生産のシステムを整えた中堅の製パン会社には、町のパン屋だった時代のやり方を残すところが少なくない。木村屋總本店も、そういう会社の1つだった。ブランド力もあり、売り上げも伸びていたが、実は赤字状態が続いていた。

その理由は明確だった。製造現場は、よく言えば職人風で、悪く言えば非効率の塊。たとえば、パンの作り方はマニュアル化されておらず、後輩は先輩の背中を見て覚えるのが当たり前。品質をそろえるよりも、目先の納期に間に合わすことが優先されていた。「非効率でも一手間かけておいしいパンを作りたい」という気風もあった。いわば採算度外視状態だったのである。

福永副社長はこのうち、「おいしいパンを作りたい」という強い気持ちがある社風に注目。これを大切にしようと考えた結果、生まれたのがシンプルパンシリーズだ。多くのメーカーでパン製造の機械化が進む中、同社は依然、カスタードクリームを詰める作業などは従業員が行っている。これが大手メーカーとの差別化につながっているのだ。

クリームパンを作る従業員。カスタードを詰める工程が手作業で行われるのも木村屋の特徴。ここで大手との差別化を図れている(撮影:尾形文繁)
次ページどんどん変わっていった製造現場
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT