モテない男に共通する「3つの会話のクセ」

なぜあなたのトークに女性は退屈するのか?

モテるための2つの心掛け

このパターンで撃沈する相談者さんが、私に質問することは決まって「女性ウケする話題を教えてください」です。その心は「何を聞けば話が盛り上がるか」にあります。

しかし、女性のハートをわしづかみする会話のカギは、「何を聞くか」ではなく、「どう語ってもらうか」。つまり「傾聴力」にあります。女性が会話に求めるニーズは、「話を聞いてもらい、共感してほしい」にあるからです(興味ある方は以前の記事「なぜ石田純一が福山雅治よりモテるのか」を参考にしてください)。

「あれ、当てはまっているな……」という方は、会話のスタンスを相手に合わせることを検討してはいかがでしょうか。「何を聞くか」ではなく「どう語ってもらうか」――。

具体的には次の2点。ひとつ目は、「質問」で会話をつないでいくことから、「傾聴(=うなづき・相づち・話の繰り返し等)」で、女性に語ってもらうことに軸足を移すこと。2つ目は、「物事の事実とプロスセスの確認」から、「相手の体験と感動の再現」に関心の焦点を移すこと。すると、新しい世界が目の前に広がることでしょう。人は誰しも必ず1冊は本を書けると言われています。それほど他人様の経験は面白いということ。その語り手は、あなたの目の前にいる女性です。

「いつやるの?」とせかす人はいませんので、どうぞご安心を。あなた自身が「今かな?」と感じたら、この記事のことを思い出していただければ幸いです。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。