モテない男に共通する「3つの会話のクセ」

なぜあなたのトークに女性は退屈するのか?

モテるための2つの心掛け

このパターンで撃沈する相談者さんが、私に質問することは決まって「女性ウケする話題を教えてください」です。その心は「何を聞けば話が盛り上がるか」にあります。

しかし、女性のハートをわしづかみする会話のカギは、「何を聞くか」ではなく、「どう語ってもらうか」。つまり「傾聴力」にあります。女性が会話に求めるニーズは、「話を聞いてもらい、共感してほしい」にあるからです(興味ある方は以前の記事「なぜ石田純一が福山雅治よりモテるのか」を参考にしてください)。

「あれ、当てはまっているな……」という方は、会話のスタンスを相手に合わせることを検討してはいかがでしょうか。「何を聞くか」ではなく「どう語ってもらうか」――。

具体的には次の2点。ひとつ目は、「質問」で会話をつないでいくことから、「傾聴(=うなづき・相づち・話の繰り返し等)」で、女性に語ってもらうことに軸足を移すこと。2つ目は、「物事の事実とプロスセスの確認」から、「相手の体験と感動の再現」に関心の焦点を移すこと。すると、新しい世界が目の前に広がることでしょう。人は誰しも必ず1冊は本を書けると言われています。それほど他人様の経験は面白いということ。その語り手は、あなたの目の前にいる女性です。

「いつやるの?」とせかす人はいませんので、どうぞご安心を。あなた自身が「今かな?」と感じたら、この記事のことを思い出していただければ幸いです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。