モテ男・石田純一の「徹底した顧客志向」

女性にモテるための、3つの秘訣

世の男性は30代半ばあたりから、肉体的、外見的な衰えを感じ始めることが多い。ただ、「もう老いるばかり」とあきらめるのは間違いだ。服装、髪型、話し方、仕事や生活のスタイルなどを気づかうことによって、若さを演出することは十分できる。この連載では、IBM出身の恋愛コンサルタントである青木一郎氏が、頑張らずに若さを保つためのテクニックを分野別に紹介する。
平成のモテ男・石田純一に学べる成功の秘訣とは?(写真:WireImage)

「告白する」と「口説く」の違い

先日、イマドキの若い男性向けの恋愛指南本を読んでいて、私はあることに気づきました。それは、女性へのアプローチのスタンスが「告白する」なのです。私はこれに対してたいへん違和感を覚えます。なぜなら、私たちオジサン世代が若い頃、恋愛指南本のスタンスは「口説く」だったからです。

今回も前回に続いて、異性とのかかわり方をテーマに取り上げたいと思います。ある脳科学者によると、恋は脳を活性化させ、それが肉体への刺激につながり、アンチエイジング上はプラスに働くそうです。なので、避けては通れないテーマ(?)ということで、話しを元に戻しますと……。

「告白する」というのは、「す、すっ、好きです…」と、(時には、頬を赤らめながら)自分の気持ちを相手に伝えて、相手の意向をうかがうという受け身の行為です。

一方の「口説く」は、相手の意向を踏まえたうえで、「今夜、一緒に過ごしたい」など、具体的な行動の提案や説得をする行為です。大半の女性は「男性にリードされたい」という受け身のスタンスですから、「口説く」ほうが圧倒的に行動を起こさせる確率が高いわけです。

実際のところ、どのくらいの女性が「男性にリードされたい」と思っているかというと、約6割が積極的にリードされたいと思っている一方で、「自分がリードしたい」と思っている女性はわずか3.5%にすぎないという調査結果があります(「オズプラス」2009年No.5より)。猛々しい男勝りの肉食系女子が増えたと言われていますが、現実はこの程度だということです。

次ページ「聞き上手=受け身」ではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。