モテ男・石田純一の「徹底した顧客志向」

女性にモテるための、3つの秘訣

仕事にも通じる成功の秘訣

石田純一さんのデート術。3つのポイントを先に挙げました。その中の2番目が「徹底した事前準備」、こちらもスゴイです。頭が下がるくらい、そして参考になります。

たとえば、花火を見に行く場合、「前の年に男同士で行って事前にリサーチをする」そうです。

花火大会に女性と行ったことがある人はわかると思いますが、さまざまな諸問題に対処しなければいけません。たとえば、会場までの移動をどうするか(道も電車もすごい渋滞になります)、どの場所で見たらいいのか(盛り上がるかどうか場所次第)、女性のためのトイレの場所(男性のように草葉で、とはいきません)などなど、いろいろと考慮すべきことが多いからです。

このため、会場のどこが花火を見やすいか、どこにトイレがあるかなど、事前にリサーチして、前後のイベントも含めて段取りをしっかりするそうです。花火当日はハプニングが必ずあるもの。しかし、段取りをしっかり組んでシミュレーションしていれば、心に余裕があり柔軟に対処できるそうです。

これは、夏の大イベントである花火だけでなく、普段のデートにも当てはまる心得ではありませんか。いえ、仕事での大切な接待にも。

もうひとつ申し上げたいのが、マインドの重要性です。石田さんは、女性と「花火を一緒に見る」という視点ではなく、女性を「花火にエスコートする」という視点から、すべての行動を組み立てています。たとえば、花火会場ではトイレは大抵仮設のもので数が少なく、非常に混むのが難点です。石田さんはそんなとき、女性の具合を観察していて、「そろそろか」というときには彼女のために並んで順番を待つそうです。

なんという徹底した顧客志向でしょうか!

「相手の立場になって、どうしたら喜んでもらえるか」「何をしたら、評価してもらえるか」考え抜いているのです。この点はすごく見習うところだと思うのです。
自分本位ではなく、相手本位。だからこそ相手のハートをがっちりつかむことができるのでしょう。これは恋愛だけでなく、仕事にも通じる成功の秘訣だと思うのは私だけでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。