モテ男・石田純一の「徹底した顧客志向」

女性にモテるための、3つの秘訣

前回の連載(なぜ福山雅治より、石田純一がモテるのか?)では「聞き上手」の効用を説きましたが、それは会話の中でのこと。すべて女性の言うことに受け身でいるべし、という意味ではありません。

2人だけの食事の提案、2次会でバーに行きましょうという提案、次の休暇は旅行へという提案などなど。男女が親密になる過程におけるこうした事柄は、男性がリーダーシップを発揮するべきだと思います。

この点、「平成のモテ男」石田純一さんはさすがです。前回の連載ではその徹底した「聞き上手」ぶりを取り上げましたが、一方の女性に対するアプローチのスタンスは徹底して「男性がリードする」なのです。デートの誘いひとつ取っても、「いいイタリアンレストランがあるんだけど、どうする?」など、相手にゲタを預けることは絶対にしないそうです。

石田流デートの3つの秘訣

では、具体的にどう女性をリードすればいいのでしょうか。

その成功の秘訣の一端が、石田純一さんのデート術からうかがい知ることができます。私はこれまで彼の著作やインタビュー記事を通じて、いろいろと見聞きしてきましたが、実によく考え抜かれているのです。石田さんのデートの秘訣をまとめると、ポイントは次の3つに集約されます。「非日常感」と「徹底的な事前準備」と「女性本位」です。

たとえば、「非日常感」でいうと、世界最高のピザを食べにわざわざイタリアのナポリに行く、なんてことをするそうです。しかも、「今度の土日にどう?」という軽いノリで。

最高のピザといっても、せいぜい600円程度。しかし、女性からしてみたら、仕事で疲れた雑踏の日本の街から、中世のロマンチックな雰囲気あふれる街へ、何気にさくっと連れて行かれたらどうなるか。みなさん、想像してみてください。答えは言うまでもないでしょう。

ここで、学ぶべきは「おカネをかけた仕掛けをする」ではなく「非日常感」が女心をときめかす、ということです。「非日常感」を感じさせるデートのネタはおカネをかけなくても身の回りにたくさんあります。たとえば、水上バスに乗る(1000円くらい)、美術館に行く(2000円くらい)などなど。

恋愛のスーパー達人の石田純一さん。この人の話を、「芸能人だし、お金持ちだし、参考にならない」と思わず、そこに秘められた万人に通用するコツをぜひ、お知りになっていただきたいと思います。

この「非日常感」は、すごく重要なキーワードなので、もうひとつ興味深いエピソードをご紹介しましょう。

次ページ「吉兆」復活を生んだ「非日常性」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。