モテ男・石田純一の「徹底した顧客志向」

女性にモテるための、3つの秘訣

日常と非日常のギャップが涙を生む

京都吉兆といえば、日本を代表する名門料亭。2009年にはミシュランから栄えある三ツ星が与えられました。栄光を極めるこの料亭、しかし一時は債務超過に陥るほど落ちぶれたことがあったのです。

この名門料亭をどん底からはい上がらせたのが、ほかでもない「非日常感」です。

老舗料亭の再建をするにあたって、社長の徳岡邦夫さんは、お客さまを「感動で泣かせる」という大胆な目標を立てます。そこで徳岡さんは、人が感動して泣く仕組みを調べるため、京都大学の先生に教えを請います。結果、得た答えは、「日常と非日常のギャップが涙を生む」というもの。

人は日常生活の中で、いろいろなストレスにさらされている。このストレスをため込むままでは生きる意欲が衰える一方。そこで防衛本能として非日常を求める。そして、非日常を経験することで脳内物質が分泌され、日頃のストレスを洗い流すように涙が流れるのだそうです。

こうして、「非日常感」を提供することで、名門料亭は見事なまでの復活を果たしたのです。

非日常感がどれほど、人を感動させ、心を揺り動かすのかご理解いただけたでしょうか。もし、「来週の土曜に特別なデートがあるんだけど、何をすればいいのだろう」と悩まれときは、ぜひ、この「非日常感」を思い出してみてください。

次ページ花火大会に男同士で行く理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。