モテ男・石田純一の「徹底した顧客志向」

女性にモテるための、3つの秘訣

日常と非日常のギャップが涙を生む

京都吉兆といえば、日本を代表する名門料亭。2009年にはミシュランから栄えある三ツ星が与えられました。栄光を極めるこの料亭、しかし一時は債務超過に陥るほど落ちぶれたことがあったのです。

この名門料亭をどん底からはい上がらせたのが、ほかでもない「非日常感」です。

老舗料亭の再建をするにあたって、社長の徳岡邦夫さんは、お客さまを「感動で泣かせる」という大胆な目標を立てます。そこで徳岡さんは、人が感動して泣く仕組みを調べるため、京都大学の先生に教えを請います。結果、得た答えは、「日常と非日常のギャップが涙を生む」というもの。

人は日常生活の中で、いろいろなストレスにさらされている。このストレスをため込むままでは生きる意欲が衰える一方。そこで防衛本能として非日常を求める。そして、非日常を経験することで脳内物質が分泌され、日頃のストレスを洗い流すように涙が流れるのだそうです。

こうして、「非日常感」を提供することで、名門料亭は見事なまでの復活を果たしたのです。

非日常感がどれほど、人を感動させ、心を揺り動かすのかご理解いただけたでしょうか。もし、「来週の土曜に特別なデートがあるんだけど、何をすればいいのだろう」と悩まれときは、ぜひ、この「非日常感」を思い出してみてください。

次ページ花火大会に男同士で行く理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。