モテない男に共通する「3つの会話のクセ」

なぜあなたのトークに女性は退屈するのか?

まずひとつ目の会話のクセは、事実やプロセス確認をする質問に偏るというもの。彼らは研究熱心なので、女性に対しては「聞き上手がいい」という知識はあります。だから、質問して相手に話させるというスタイルをとります。ここまでは、悪くはありません。しかし、この先が問題なのです。

この「質問」には“事実やプロセスの確認”という枕詞がつきます。たとえば、女性が「私、ミュージカルが大好きなんです!」と目を輝かせて語ったとします。すると「月に何回いくの?」とか「その演目は何回目?」など「回数」「頻度」や「チケット購入方法」など、事実やプロセス確認の質問をするので、話が広がっていかないのです。なぜなら、相手は「何が面白いのか」という思いや体験を語りたいからです。

もうひとつの会話クセとしては、「一問一答形式」です。イメージとしては次のような会話の流れになります。

・質問する→相手がコメント→そうなんだ(完結)

・別の質問→相手がコメント→そうなんだ(完結)

・また別の質問→相手が回答→そうなんだ(完結)

最後の「そうなんだ」は、「論評」だったり、「否定」のコメントに置き換わったりします。女性(=話し手)からしたら反応が乏しいこともあるし、尋問されているようだし、トークに弾みがつきません。というより沈んでいく一方。

腰砕け状態の中でタイムアウト

もうひとつ「そうなんだ」に置き換わるものがあります。それは自分の関心があることを、突然、堰を切ったように語りだすというもの。これが3つ目の会話のクセです。たとえば女性が「香港の夜景、きれいでした」と目を輝かせてコメントしたとします。すると、突然、「電力の需要計算」についてとうとうと語りだすのです(本当にあった話です)。

どうして、話の流れを無視して唐突な話をするのでしょうか。当の相談者さんに曰く、「いろいろと連想しちゃうんですよね」とのこと。「夜景→多数の照明機器→電力量→需要計算」という連想ゲームが頭の中で働いて、目の前の相手が見えなくなってしまうそうです。

職業柄もあるのでしょう。専門領域を長年一筋に掘り下げている。だから、無意識に自分の関心事に焦点が当たりすぎているのです。結果、自分の関心がないことはスルーするので「一問一答」形式になり、関心があることに対しては、話の流れや相手の意向にかまわずとうとうと語るというわけです。

こうした会話を重ねると、女性は次第に話をする意欲を失って沈黙しがちになり、男性は「やばい、次は何を質問しようか……」と焦り、腰砕け状態の中でタイムアウトとなるのです。

次ページ「何を話すか」より「どう語ってもらうか」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT