「リーガルデザイン」は世界をどう変えるのか

法律のグレーゾーンはビジョンで乗り越えよ

「法律は考え方次第で、イノベーションを加速させる手段になる」と語る水野祐弁護士(撮影: 田所千代美)
「法律のグレーゾーン」という言葉に、どのようなイメージを抱くだろうか。狡猾(こうかつ)に抜け道を突く、やや反社会的な印象を持つ人も多いかもしれない。しかし、法律は過去に生じた事実をもとに作られていくから、新しく出現したものに対応することには不向きだ。一人一台、誰でも瞬時に情報を共有し、テクノロジーの進化も著しい現代では、法律は時代に取り残されていくことがますます増えていく。
では、新しいビジネスや表現は、法律による規制で足を引っ張られても仕方ないのか。これに異を唱えるのが『法のデザイン』の著者、水野祐弁護士だ。法律と現実の間に、大きなグレーゾーンが広がっている現状をネガティブに捉えることはしない。法律は、その解釈に対する考え方次第で、ビジネスや表現を加速させられる手段になりえるという。水野氏が提唱する「リーガルデザイン」について、話を聞いた。

「リーガルデザイン」とはどのような考えか

――書籍のタイトルにもなっていますが、提唱されている「リーガルデザイン」とはどのような考えでしょうか?

法の機能を単なる規制ととらえるのではなく、社会をドライブしていくための「潤滑油」としてとらえる考え方です。法律や契約といった法には、私たちの行動を規制する、というネガティブなイメージが強いかもしれませんが、柔軟な思考で主体的に設計していけば、自分たちが実現したいことを促進し、イノベーションを加速させるツールにもなりえます。

新しいサービスやクリエーションを世に広めていく際に、うまく広がっていくための滑走路を作っていくようなイメージです。企業法務の仕事でいうと、「予防法務」と「紛争解決」に分けられるのが一般的ですが、リーガルデザインの主戦場は予防法務よりさらに以前の「戦略法務」にあたる部分になります。

かつては、社会全体を見通して全体の制度設計をする人がいて、法律をどんと作り、それですべてをマネージするというボトムダウン型のガバナンスが主流でした。しかし、現代の高度情報化社会においては、歴史上かつてなかったほどに現実と法律との乖離、すなわち法律的な「グレーゾーン」が広がっていて、法の解釈や運用に生じる「余白」や「ゆらぎ」をクリエーティブに解釈する余地も、かつてないほど広がっています。

法律だけではガバナンスがうまくいかないことは明らかで、法という手段を使うのか、違う手段を使うのか、国がパターナリスティックに介入するのか、業界の自主的なガイドラインに委ねるのか等々、とても難易度が高い時代に突入しています。

次ページルールメーキングを柔軟に行うには
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT