「社内は敵だらけ」と自覚しない人は損をする

成果を出す人は、受付の人まで仲間にする

社内営業は、根回しだけでなく、仕事の生産性を高め、高い成果を上げる強力な武器にもなります。そんな体験をしたことが筆者もあります。ちょうど、同期の仲間が受付にいたときのこと。営業帰りにちょくちょく雑談をしていたのですが、

「そういえば、今日、ウチの会社に○○社の社長さんが来ていたよ」

「え? それってウチの課が攻めているお客さんじゃない。誰に会いに来たの?」

「財務担当役員」

「そうか。じゃあ、財務の人に聞いてみよう」

これは、私と受付の同期が仲間だったらからこそ寄せられた情報です。もし仲間になっていなければ、受付の人がわざわざそんな情報を知らせてくれるはずはありません。

名刺情報の共有が進んでいるものの…

最近はさまざまな会社で、名刺情報の共有が進んできていますが、受付とか、購買部門の取引情報や、近隣の会社同士の関係などの人脈情報まで、漏れなく仕事に活用できている会社なんて、まずありません。

俗人的に仲間に役に立ちそうであれば、情報が提供されるにすぎません。あるいは社内の部門単位での取り組みを仲間から早めに知ることで、仕事に役立ったことがあります。別の商品を取り扱っている営業部門の仲間から、

「来月から新サービスをリリースすることになった。おまえの耳には入れておこうと思って」

と早めに入手できた情報を活かして、新たな提案の準備を用意周到にできたことがありました。おそらく、筆者と関係が浅く、仲間との認識がなければ、このような情報を提供してくれることはなかったと思います。

このように社内営業から得られるものは多岐にわたります。冒頭の調査ではネガティブなイメージを抱いて、食わず嫌いになっている人が大半であることを紹介しましたが、その食わず嫌いを取り払って、社内営業に挑戦してみてはどうでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT