引き締まった体を作りだす「走る姿勢」のコツ

ダイエットで縮む人と、引き締まる人の差

「正しい走り方」を身に付けて、ランニングの効果を存分に感じましょう(写真:プラナ / PIXTA)
プロフェッショナル・ランニング・コーチとして数多くの働く市民ランナーを指導し、『仕事ができる人の「走り方」』の著書もある青山剛氏は、「ダイエット目的でランニングを始める人は多いですが、ただやみくもに走るだけでは効果がありません」と指摘します。また、「正しく走るための動作は、美しい体形を手に入れるためにも効果的」とも。そのポイントを青山氏に聞きました。

なぜ体形が変わらないのか

「やせたい」「体脂肪を落としたい」。ランニングを始める理由でいちばん多いのは、いまも昔も圧倒的にダイエットです。

有酸素運動を続けて行えば体脂肪は燃焼されるので、食べすぎを避けて普段以上に運動すれば、体重は確実に減っていきます。ウォーキングやランニングは代表的な有酸素運動ですから、ダイエットに適していることは間違いありません。

ところで、やせるためにランニングを始めた人たちは、単に体重が落ちればそれでよし、と考えているのでしょうか。

私は、パーソナル・ランニング・コーチとして多くの市民ランナーのお手伝いをしてきました。その経験から言うと、皆さんが望んでいるのはただやせたいだけでなく、体重を落としつつも、より強く健康で、外見的にもシャープな体を手に入れることです。

体重を落とすだけなら食事制限で十分です。80キログラムの体重を食事制限で75キログラムにすることはそう難しいことではありません。カロリー摂取量を減らせば、自然に体重は落ちます。

次ページ「正しい走り方」が身に付いていないから
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT