「人を好きになる感覚」はこうしてよみがえる

結婚はビジネスのマッチングではない

お互いに誘い合って食事に行くようになり、カレー好きの俊之さんの提案で激辛カレーを一緒に食べた。辛さが後から込み上げてきて苦しんでいる秀美さんを見て、俊之さんは腹を抱えて笑った。デートの楽しさに年齢は関係ないのだ。

「ただいま」と帰ってくる人がいるのは幸せ

「8月に彼のアパートが更新のタイミングだったので、その前に別のところに引っ越して同棲し、年明けに入籍しました。彼の自転車屋と私の接骨院は東京の反対側なので場所は少し迷いましたが、結婚生活は今のところうまくやっています」

新居は中間地点からやや秀美さんの接骨院寄りにある。俊之さんは1時間以上かけて自分の店まで通勤しているが、親身になってくれる既婚の仲間からは再び忠告をもらっている。

「奥さんの店は動かせないのだろう。だったら、自分の店を移転しろ。せっかく結婚したんだから、店よりも奥さんとの生活時間を大切にしたほうがいい」

接骨院の患者は体が不自由な老人も多いため地域密着にならざるをえない。一方で、自転車店のお客さんは基本的に元気だ。俊之さんの店には「競技志向」の客も少なくない。自転車の品ぞろえとサービス次第では、店を移転しても自転車で来てくれる可能性もある。俊之さんは今、店の移転をのんびりと検討中だ。

そんな俊之さんを秀美さんはうれしそうに見守っている。「料理は好きじゃない」と言いつつ、俊之さんの健康と節約のために毎朝お弁当を作っているという。

「なんだかんだと文句を言うことはありますが、『ただいま』と帰ってくる人がいるのは幸せですね。私がつらいときは、彼がご飯を作ってくれます。長く使っていて愛着があった自転車も彼が直してくれました。どの自転車屋でも修理を断られたので、うれしいです……」

フレームさえしっかりしていれば部品を取り換えれば使える、新車を買ったほうが安くつくけれど愛着があるなら仕方ない、自分が持っている部品も適当にはめてしまった、と俊之さんは平然と語る。こんな伴侶がいたら、誇らしくて頼もしいだろう。ここで秀美さんは気を取り直したような表情で俊之さんにくぎを刺した。

「修理の費用はちゃんと請求してね。仕事は仕事だから!」

秀美さんは俊之さんの体をプロの目線でメンテナンスしてあげているはずだ。ならば、自分の自転車ぐらいはいくらでも無料で直してもらっていいのではないだろうか。

2人の結婚生活は始まったばかり。それぞれの自立を前提に、部分的には甘え合い支え合える関係性が深まっていくに違いない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT