「休日の私服」に自信がない男に教えたい知恵

服の組み合わせには最低限のルールがある

ところが、ここにカジュアルファッションの盲点がありました。「似合っていたはずの服を久しぶりに着たところ、なんだか合わない気がする」という経験がある方も多いのではないでしょうか? 人間の顔つき・価値観は年齢によって変化するからこそ、顔つきにあどけなさが残る25歳頃までは、カジュアルテイストの服が似合います。しかし、顔つき・価値観の変化とともに似合う私服のテイストも変わります。

延べ4000人の試着をチェックしてきた経験から、30~40代の場合、ブルゾン・カーディガンタイプの服が似合わない人がそれなりにいるということです。

一方、ビジネスファッションをモチーフにしたカジュアルジャケットは人を選びません。ストレッチ素材のジャケット・伸縮性があるニットジャケットは、堅すぎる印象にならないからこそ、会社関係者に会う週末服に相応しいスタイルの1つといえます。

インナー次第でジャケットの印象は9割変わる!

カジュアルジャケットに襟がない服を合わせた大人の週末服

ジーンズ、Tシャツ、チノパンなど、カジュアルアイテムにジャケットを合わせる服装を「エレガントカジュアル」と呼びます。これは、普段着とは異なる週末服の着こなしです。

平日はスーツ、ジャケットに「襟がついたシャツ」を合わせている影響で、週末も同じように襟のついたカジュアルシャツを着る人が多いかもしれません。もちろん、NGではありませんが、カラーステイと呼ばれる芯がないカジュアルシャツは、ジャケットのインナーとしては、襟のよれが目立ちやすいものです。

だからこそ、私はジャケットのインナーとして「襟がない服」を推奨しています。春夏はTシャツ、秋冬はニットソーと呼ばれる1枚で着られるセーター。襟がない服をカジュアルジャケットに合わせることで、ジャケットの大人っぽさを残しつつ、週末のラフな印象を手軽に表現できます。

ただし、合わせるTシャツに注意しましょう。文字・絵がプリントされたTシャツは誤解を与えるリスクもあります。だからこそ、シンプルな無地Tシャツ、ボーダー柄のTシャツなど、ベーシックなタイプを選びたいところです。

次ページ好きな服と似合う服は違う! 減点されない私服選び
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。