「日本人こそ主役」が日本が守ってきた精神だ

松下幸之助が語った「日本の伝統精神」

それは、すなわち、日本の天皇さんの、また日本と日本人の伝統精神の表れでもあるわけや。明治になるやろ。それで日本は独立を保ち、国を発展させていくには、近代化をしなくてはならんということで、「文明開化」とか「殖産興業」とか「富国強兵」といった国是を掲げ、いわゆる官民一体となってそれにあたったわな。そして、そのためには進んだ西洋の知識を、政治、経済、あるいは社会のあらゆる面で導入することが必要であると考え、積極的にいろいろなものを取り入れた。

けど、その際にも、やはり日本人としての主座はしっかりと保っておるわけや。当時「和魂洋才」ということが言われたそうやけど、それも、日本人としての魂、言い換えれば、伝統の精神は堅持しよう、堅持しながら、進んだ西洋の知識や技術を取り入れ、身に付けようとしたんやろうな。
だから、外国人を招いてさまざまな場で、相当な待遇で働いてもらっておるけど、それは、あくまでも優れた技術とか知識を出してもらうだけで、決して精神まで教えてもらおうとはしとらんのや。

主人公は、あくまで日本人

つまり、主人公は、あくまで日本人であって、主人公の立場で対応しておる。優れた知識や技術に対しては、丁重に礼を尽くしつつも、日本人としての心を堅持していたわけで、決して外国人の言いなりになっておったわけではないのやな。

そういうようにして、いろいろな形で欧米諸国の進んだ文物を取り入れ、それによって政治の制度や法律を整え、教育文化を高め、産業を振興し、軍備を充実させたりして、日本を発展させた結果、いわばチョンマゲを切り、刀を捨てて、僅(わず)か45年という短い間に、アッという間に、当時の世界の5大強国のひとつと言われるまでになったんやな。

明治維新当時のアジアにおいては、多くの国が欧米列強の植民地となってしまったわな。そのなかにあって、ひとり日本だけがそういう姿に陥らずにすんだということは、日本の地理的条件とか、あるいは欧米よりは遅れていたとは言え、なお当時の日本がアジアのなかで、相当に進んだものを持っていたというような、そういういろいろな理由があるやろうけどな、しかし、その根本になるものは、日本人としての主座というものを堅持し、自主独立の国家経営を行っていくという伝統精神を、当時の指導者なり一般の国民が、意識するとしないとにかかわらず、持っておったからではないやろうか。わしはそう思うんや。

二千数百年の歴史を通じて、日本人が一から作り出した、固有の文化というものは、極めて少ないという人もいるかもしれん。確かに、われわれの衣食住に関するような日常的なものから、政治や社会の仕組み、産業のやり方、宗教や思想、いろいろな芸術などは、たいていが外国から入ってきたものばかりだと言えなくもない。

けどな、それにもかかわらず、そのすべてを生かし、そこに独自の日本文化というものを創り上げ、しかも最近になって、それが非常に外国の注目を集めている面もあるわな。禅とか茶道とか華道とかな、柔道もそうやね、剣道も。

まあ、日本人は、特に主座を保つというか、自分を堅持するというところがあって、それが日本の伝統精神のひとつであると言えるように、わしは思うんや。

ただ、こういう伝統精神を、今の経営者や政治家が、しっかり堅持しているか。わしは、どうも希薄になっておるのではないかと。気にはなっておるけどね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT