若者を集めたくば「中二の心」をとらえよ!

数学界の有名人たちがカッコよかったので、僕は初め数学者志望だった

「勝てないなあ」、早熟な数学者志望の人たちと出会い

理由はいくつかあるけれど、まぁ簡単に言うと挫折した。数学者を志す学生には早熟な人が多いようだ。僕が大学に入った頃には、彼らはもう大学院の数学までマスターしていて、何でも知っていた(ように見えた)。

それから、数学という学問において研究のモチベーションとなるのが、理論の美しさ「だけ」であるように見えてしまい、俗な人間にはちょっとついていけないなあと思ったこともある。

ただ、数学に挫折したとはいえ、当時は、ほかにこれといってやることもない。これから何をやろうかなーと思って、ブラブラしていた(ブラブラしすぎて留年してしまったので時間はたくさんあった)。

これが友人に紹介してもらった教科書だ。著者のひとりは奇しくも後の指導教授。『ミクロ経済学 戦略的アプローチ』 (梶井厚志、松井彰彦著、2000年、日本評論社)

そんな頃に、友人が経済学の教科書を紹介してくれた。読み始めてみると、この教科書がとても面白い。それで、せっかくだからもう少し勉強してみよう、と思って経済学部への進学を決めたのだ。

特に大したドラマがあるわけでもなく、ちょっと興味があったから経済学部に進学してみた、という感じだ。あまりに意識が低すぎて自分でもちょっと恥ずかしい。

また、先に書いたとおり、大学に入った頃までは数学がやりたかったのだけれども、これにも、ちょっと恥ずかしい(ので書くかどうか迷った)理由がある。

たしか「中二病」も真っ盛りの高校の頃に、ガロワという数学者の伝記を読んだことが、きっかけになったのだった。ガロワは19世紀の数学者、それも彼の名を冠した「ガロワ理論」という理論まである、超有名な数学者だ。ただ、当時の僕は、その理論のことは正直さっぱりわかっていなかった。

次ページ彼はとにかくカッコいい革命家だった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。