若者を集めたくば「中二の心」をとらえよ!

数学界の有名人たちがカッコよかったので、僕は初め数学者志望だった

「勝てないなあ」、早熟な数学者志望の人たちと出会い

理由はいくつかあるけれど、まぁ簡単に言うと挫折した。数学者を志す学生には早熟な人が多いようだ。僕が大学に入った頃には、彼らはもう大学院の数学までマスターしていて、何でも知っていた(ように見えた)。

それから、数学という学問において研究のモチベーションとなるのが、理論の美しさ「だけ」であるように見えてしまい、俗な人間にはちょっとついていけないなあと思ったこともある。

ただ、数学に挫折したとはいえ、当時は、ほかにこれといってやることもない。これから何をやろうかなーと思って、ブラブラしていた(ブラブラしすぎて留年してしまったので時間はたくさんあった)。

これが友人に紹介してもらった教科書だ。著者のひとりは奇しくも後の指導教授。『ミクロ経済学 戦略的アプローチ』 (梶井厚志、松井彰彦著、2000年、日本評論社)

そんな頃に、友人が経済学の教科書を紹介してくれた。読み始めてみると、この教科書がとても面白い。それで、せっかくだからもう少し勉強してみよう、と思って経済学部への進学を決めたのだ。

特に大したドラマがあるわけでもなく、ちょっと興味があったから経済学部に進学してみた、という感じだ。あまりに意識が低すぎて自分でもちょっと恥ずかしい。

また、先に書いたとおり、大学に入った頃までは数学がやりたかったのだけれども、これにも、ちょっと恥ずかしい(ので書くかどうか迷った)理由がある。

たしか「中二病」も真っ盛りの高校の頃に、ガロワという数学者の伝記を読んだことが、きっかけになったのだった。ガロワは19世紀の数学者、それも彼の名を冠した「ガロワ理論」という理論まである、超有名な数学者だ。ただ、当時の僕は、その理論のことは正直さっぱりわかっていなかった。

次ページ彼はとにかくカッコいい革命家だった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT