若者を集めたくば「中二の心」をとらえよ!

数学界の有名人たちがカッコよかったので、僕は初め数学者志望だった

大学入学前は、数学者になろうと思っていた

今回はまず、世にあまたある職業の一つとしての「経済学者」、この業界のキャリアについて、僕自身を例に書いてみたい(遅ればせながらの自己紹介ということにもなる。読者のみなさんに興味がある話ではないかもしれないけれど……)。同業者や学生さんからは、学者になった経緯を聞かれることも時々あるので、影響を受けた本や人物、もしかしたら参考になるかもしれないことを併せて。

そして次に、いま実際に行われている研究の紹介から、経済学のちょっと意外な一面をお伝えすることもできればと思う。最後までお付き合いいただけたら嬉しい。

僕は大学で教育や研究をする経済学者だ。初めて経済学を勉強したのは、東京大学経済学部でのこと、卒業後2003年にアメリカのハーバード大学大学院に進学し、5年後の2008年に大学院を卒業、2009年まで1年間イェール大学でポスドク、そして2009年からはスタンフォード大学の教員をしている(うち2011~2012年の1年間は「研究休暇」という制度を利用してスタンフォードからお休みをいただきつつ、客員教員としてコロンビア大学にいた)。

大学のときにバイト、大学院のときにインターン(今はなくなってしまったが、Yahoo! Researchという民間の研究所だ)をしたことはあるが、それ以外にはいわゆる「社会人」を一度も経験せず、学者稼業をしていることになる。

なんて書くと、経済学の研究者を長いこと目指してきたのだろう、と思う方もいるかもしれないが、そんなことはなかった。

東大では入学時におおまかに6つのコース(文科1−3類、理科1−3類)に分かれて2年次途中に専攻を決定する。その中で、僕が入学したのは理科1類というコースだった。数学だとか物理だとか工学だとか、いかにも「理系っぽい」ことを専攻する学生を想定したコースだ。

入学前は、数学があまり得意でなかったにもかかわらず、数学者になりたいと思っていた。でも、その志望は大学に入ってみて変わった。

次ページ数学に挫折したものの、これといってやることもなく……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT