最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

アフィリエイトのノウハウ本が1位を獲得

アフィリエイトのやり方を解説した書籍が1位に(写真:amadank / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、3月5~11日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(3月5~11日)のランキングでは、『知識ゼロ・元手ゼロからはじめる 月3万円稼ぐ アフィリエイト実践教室』(矢野朋義・密本花桜著、ソシム)がトップに輝いた。筆者によるアマゾンキャンペーンが功を奏した模様だ。

前回957位から16位に大躍進したのが、日本におけるマーケティング研究の第一人者である早稲田大学教授、恩蔵直人氏の『マーケティングに強くなる』(筑摩書房)だ。日本経済新聞の書評で紹介され、注文が集まったという。

次ページ以降、197位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページ1~50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。