最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

「整理・整頓・清掃」のノウハウ本が1位に!

稼ぐ会社の「整理・整頓・清掃」のノウハウ本が1位を獲得!(写真:tomos / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、3月12~18日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している.

先週(3月12~18日)のランキングでは、『小さな会社の儲かる整頓』(小山昇、日経BP社)がトップに輝いた。「儲けの7割は整頓で決まる」とする本書は、豊富な写真とともに「儲かる中小企業の整理・整頓・清掃」の極意を解説している。

前回22位から2位に躍進したのが、『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』(山口謠司、ワニブックス)だ。3月14日に日本経済新聞に掲載された広告の影響が大きかった模様だ。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。