最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

新入社員の「バイブル」が1位を獲得!

この時期ならでは、『入社1年目の教科書』が1位を獲得!(写真:プラナ / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、3月19~25日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している.

先週(3月19~25日)のランキングでは、『入社1年目の教科書』(岩瀬大輔、ダイヤモンド社)がトップに輝いた。本書は2011年刊行のロングセラーだが、4月の新入社員の入社時期を控えて、注文が集まった模様だ。

前回119位から26位へと躍進したのが、『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(藤原和博、東洋経済新報社)だ。筆者とキングコング・西野亮廣氏との対談記事(西野亮廣「ディズニーの倒し方が見えてきた」)の影響が大きかったと思われる。

次ページ以降、197位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。