西野亮廣「ディズニーの倒し方が見えてきた」

「僕は地球上でいちばん、面白くなりたい」

ついに見えてきた「ディズニーの倒し方」とは?(撮影:今井 康一)
「お笑い芸人」と「絵本作家」という、異なる2つのジャンルで活躍するキングコングの西野亮廣氏。先日、自著である『えんとつ町のプペル』をネットで無料公開したことでも大きな話題を呼んでいる。
そんな西野氏が「めちゃめちゃ面白い!」と激賞している本が、『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』だ。2013年に発売され、ロングセラーとなっている。
1つのジャンルで「100人に1人」になり、さらに別の分野で「100人に1人」を目指すことで、誰でも「稼げる人になる」。その方法を説いたこの本が、西野氏の活動の大きなヒントになっているという。
今回、本の帯に西野氏に推薦文を寄せてもらったことをきっかけに、著者の藤原和博氏との対談が実現した。第5回目のテーマは、ついに見えてきた「ディズニーの倒し方」について。西野氏が語る「昨日からの伸び率」から、「新しいエンターテインメントの形」について考える。

対談第1回第2回第3回第4回

本気でディズニーを「倒したい」

『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

藤原:西野さんとの対談が決まって、西野さんの本を全部読んだのですが、本当によかった。これだったら「ディズニー」も狙わないと。

西野:いや、僕の場合、「ディズニーを倒す」のが目標なんです。

藤原:えっ、「ディズニーを倒す」の?

西野:そうなんです。「打倒! ディズニー」って言ってるんです。

藤原:それを日本でできるのは手塚治虫や宮崎駿くらいかと思っていたけど、じゃあ、この2人も越えるってこと?

西野:あははは。そういうわけではないんですが、「ディズニーの倒し方」、とりわけ「ディズニーランドの倒し方」はちょっと見えてきた気がします。

藤原:どういうことですか?

次ページまず「ディズニーランド」を倒す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT