最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

今週は「あの会計入門書」が1位を獲得

「数字オンチ」のための会計入門書が1位を獲得!(写真:プラナ / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、3月26日~4月1日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している.

先週(3月26日~4月1日)のランキングでは、『「数字」が読めると本当に儲かるんですか?』(古屋悟司、日本実業出版社)がトップに輝いた。脱サラして花屋を開業、年商1億円を達成するもなぜか赤字――そんな状況から、スゴ腕の税理士に教わった途端にV字回復を遂げたという筆者の実体験と、その学びを解説している。

前回118位から22位へと躍進したのが、日本の「農業輸出大国化」を描いた『2025年 日本の農業ビジネス』(21世紀政策研究所編、講談社現代新書)だ。3月31日の日本経済新聞の広告から、注文が集まったという。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT