最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

今週は「あの会計入門書」が1位を獲得

「数字オンチ」のための会計入門書が1位を獲得!(写真:プラナ / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、3月26日~4月1日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している.

先週(3月26日~4月1日)のランキングでは、『「数字」が読めると本当に儲かるんですか?』(古屋悟司、日本実業出版社)がトップに輝いた。脱サラして花屋を開業、年商1億円を達成するもなぜか赤字――そんな状況から、スゴ腕の税理士に教わった途端にV字回復を遂げたという筆者の実体験と、その学びを解説している。

前回118位から22位へと躍進したのが、日本の「農業輸出大国化」を描いた『2025年 日本の農業ビジネス』(21世紀政策研究所編、講談社現代新書)だ。3月31日の日本経済新聞の広告から、注文が集まったという。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT