世界トップエリートが実践する「面接突破術」

速攻で自信が付く裏技がある

ストーリーを語れ

自分の人生を要約して箇条書きのように語るだけではなく、自らの転機になった重要な経験やエピソードは、ストーリーとして話せるようにしておこう。具体的な情景描写、感情の変化などを描写し、聞き手のイマジネーションを喚起することができれば上等だ。

やる気と闘争心を刺激する「パワーポーズ」

自信はつくれる

どうしても緊張してしまう! そんな人に2つのテクニックをお教えしよう。1つはトイレにこもり、2分間、体を大きく広げるポーズをとること。スーパーマンのようでも、クジャクでもいい、胸を大きく開けて、両手を高く上げる。こうすることで、ストレスホルモンが低下し、やる気と闘争心が刺激される、というのはハーバード大学のエイミー・カディ教授の有名な「パワーポーズ」の研究結果から明らかになっている。また、ポジティブなセルフトークも効果的。自分を応援するエールで自らを鼓舞するのだ。その時、主語を入れるといい。「〇〇〇〇(自分の名前)、君ならできる。絶対に大丈夫!」といったような感じだ。ミシガン大学の研究によれば、「I」ではなく、名前で呼ぶことで疑似的に自分との距離を置き、冷静に自分を見つめると同時に、他人から評価されているような気分になる、という。

STARテクニックを活用しよう

よくある質問で、「あなたが、〇〇したときを教えてください」というものがある。自らの経験、失敗談、成功の話などを聞く質問だ。たとえば、「どのように問題解決力を発揮したのか」といったことを聞かれたとしたら、Situation(シチュエーション)――Task(課題)――Activity(行動)――Result(結果)といったように答えるとわかりやすい。これを頭文字をとってSTARテクニックと呼ぶが、どういったシチュエーションで、どのような課題に迫られたか、それに対して、どんな行動をとり、結果を出したのか、というもの。この順番を覚えておくととても便利だ。

いかがだろう。アメリカの一流エリートが活用しているインタビューテクニック。ぜひ、これらを活用し、厳しい戦いを勝ち抜いていただきたい。みんな、頑張れ~~~! You can do it!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT