就活で「サークルリーダーしてました」はNG!

面接官がスルーする学生がよく使うフレーズ

面接では思わぬ言葉がNGフレーズになるので要注意(写真:bianche/PIXTA)

2016年の就職戦線は、かつてない短期決戦。面接も1次面接から最終面接まで日程が詰まり、短期間に複数社が重なる可能性も高くなっています。スケジュールが決まってから慌てることのないように、今からできる面接準備はしっかりやっておきたいものです。

長年、人材マネジメント領域のコンサルタントとして企業の採用活動や人事制度の構築等の支援をおこなってきた経験からお伝えしたいのは、企業が面接で知りたいと思っているのは、ズバリ「1人ひとりの可能性」です。その「可能性」というものが実際は伝わりにくく、わかりにくいものであるため、面接に臨む前に準備が必要となります。

面接では段階ごとに異なる評価表がある

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

大半の企業では、個人面接は1次面接から最終面接まで何段階かに分けて行われます。そして、段階によって見られているポイントは異なります。また、多くの企業では面接時に評価表を用意しています。面接官によって採用の判断がブレないように、どの面接官も同じ基準で応募者を見極めるためです。

1次面接では、それぞれの業種や企業にとって、最低限備えておいて欲しいという要件を定め、それを満たしているかどうかを評価します。例えば、営業職であれば、相手に不快感を与える言動がないか、年配の顧客が中心の業種であれば、敬語や基本のマナーができているかなど、必須要件は企業や募集職種によってさまざまです。

面接の段階が上がると、面接官は管理職クラスになります。多くの部下に接してきた経験から、総合的に見て会社に合っているか、将来的に活躍できる人材かについて質問しながら評価します。

次ページ問われていないことを答えるのはNG
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。