アメリカの起業家精神はこうして育まれた

レモネード・スタンド、民間の危機意識、政府の目覚めという話

「本当のビジネス」のスタートアップ

レモネード・スタンドを立ち上げたアメリカの子供たちは、数年経つと学生になります。野心とエネルギーにあふれていれば、古くは家のガレージで、最近では自分の部屋のコンピュータを使って、レモネード・スタンドとは比べようのない本当のビジネスが始まることもあり、この段階のビジネスを「スタートアップ」と呼びます。

スタートアップは、どんな形態で事業を始めるのでしょう。いくつかの選択肢がありますが、3つの課題を考えたうえで選ばなければなりません。

第1の課題は「ビジネスによって生じるさまざまなリスクをどの程度負担するか」です。

ビジネスを進めていくとさまざまな問題に直面します。もしかするとその問題は、巨額の賠償問題に発展してしまうかもしれません。こういったときにすべての責任を経営者が負う仕組みを「無限責任」と呼び、対して一定の金額の範囲内でのみ責任を負う仕組みを「有限責任」と呼びます。

大きなリスクのない、小さなビジネスであれば、1人で気軽に始められる個人事業主(Sole Proprietorships)か、2人以上で始める組合(パートナーシップ)が選択肢になります。税務統計をみると、アメリカで最も多いビジネス形態は個人事業主で、2000万件以上あるといわれます。

次ページ「無限責任」を負うと、かえって信用を得るのが難しい?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT