「TPP交渉は、あっさり決着」と読む理由

吉崎 達彦が読む、ちょっと先のマーケット

TPP交渉は、日本外交が進化するチャンス(日本雑誌協会代表撮影)

マレーシアのコタキナバルで第18回TPP交渉が始まった。とうとうこの会合から、日本が交渉に正式参加することになる。筆者のようなTPP推進派からすると、ここまでが長かったし、紆余曲折はあったし、なんだかんだと批判されたりしたけど、とうとう日本が参加できるのかと思うと、ちょっとした感慨を禁じ得ない。

なぜTPPの正式参加は、7月23日だったのか?

あの菅直人首相(当時)が、横浜でAPECが開催される直前に、これぞ「平成の開国」だとTPP参加を言い出したのが、2010年10月のこと。「私のリーダーシップで行う」などと余計なことを言ったものだから、かえって皆が不安になってしまい、決めるに決められない民主党お得意のパターンに陥った。この間に3月11日の大震災があり、尖閣諸島騒動があり、政権交代があり、アベノミクスがあり、なんと2年と9か月もかかって交渉参加が決まった。

ところがちょっと待て。日本が正式に参加できるのは、来週の7月23日からであるという。それって参議院選挙投票日の2日後じゃないか。これが投票日の前であれば、今頃は大騒ぎになっていただろう。なぜ、そんな針の穴を通すような絶妙の日程になっているのか。

外務省の知り合いに聞いてみた。

「はい、米国議会における90日ルールというものがありますので。日米首脳会談で書簡が交わされたのが2月22日。安倍首相が正式に交渉参加を宣言したのが3月15日。それから日米で事前交渉が始まって、合意文書が発表されたのが4月12日。米国政府が日本の参加を議会に報告したのが4月23日。その90日後ですから、7月23日からになります」

……誰が信じるか、そんな説明。最初から、「今年の参院選は7月21日が濃厚ですよね。だったら、交渉参加は23日くらいになるようにセットしておきましょうか」と、日米で談合したのに相違あるまい。

次ページいまの霞が関と、永田町の関係は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT