ビル・ゲイツ「ロボットに課税を」発言の課題

これは社会制度の設計にまで広がるテーマだ

ビル・ゲイツの思考実験、あなたはどう考えますか?(Photo: ロイター / AFLO)

ビル・ゲイツの「ロボットに課税してはどうか」というアイディアを検討したい。果たして、課税の対象は「ロボット」だけなのだろうか──ソフトウェアは?

前回「ロボットが人の仕事を奪うなら、ロボットに課税するべきだ」というビル・ゲイツのアイディアを紹介した。

ロボット課税の課題

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ゲイツほどの人物であれば、ロボット課税の方法や、導入と運用についても“思考実験”を重ねた上で発言しているのだろう。しかし、原稿を書き終えた後も様々な疑問が浮かび、そのことが気になって仕方がない。今回は、そうした疑問の中から、まずは課題となりそうなものを挙げてみたい。

課題1. 課税の対象は「ロボット」だけか?

これまで単に「ロボット」と書いてきたが、人によっては「単純な工作機械としてのロボット」だったり、「人工知能(AI)の象徴としてのロボット」だったり、「AIを搭載した人型のロボット」だったりもする。

次ページロボットの定義とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT