ビル・ゲイツ「ロボットに課税を」発言の課題

これは社会制度の設計にまで広がるテーマだ

ビル・ゲイツの思考実験、あなたはどう考えますか?(Photo: ロイター / AFLO)

ビル・ゲイツの「ロボットに課税してはどうか」というアイディアを検討したい。果たして、課税の対象は「ロボット」だけなのだろうか──ソフトウェアは?

前回「ロボットが人の仕事を奪うなら、ロボットに課税するべきだ」というビル・ゲイツのアイディアを紹介した。

ロボット課税の課題

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ゲイツほどの人物であれば、ロボット課税の方法や、導入と運用についても“思考実験”を重ねた上で発言しているのだろう。しかし、原稿を書き終えた後も様々な疑問が浮かび、そのことが気になって仕方がない。今回は、そうした疑問の中から、まずは課題となりそうなものを挙げてみたい。

課題1. 課税の対象は「ロボット」だけか?

これまで単に「ロボット」と書いてきたが、人によっては「単純な工作機械としてのロボット」だったり、「人工知能(AI)の象徴としてのロボット」だったり、「AIを搭載した人型のロボット」だったりもする。

次ページロボットの定義とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。