ビル・ゲイツ「ロボットに課税を」発言の課題

これは社会制度の設計にまで広がるテーマだ

ビル・ゲイツの思考実験、あなたはどう考えますか?(Photo: ロイター / AFLO)

ビル・ゲイツの「ロボットに課税してはどうか」というアイディアを検討したい。果たして、課税の対象は「ロボット」だけなのだろうか──ソフトウェアは?

前回「ロボットが人の仕事を奪うなら、ロボットに課税するべきだ」というビル・ゲイツのアイディアを紹介した。

ロボット課税の課題

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ゲイツほどの人物であれば、ロボット課税の方法や、導入と運用についても“思考実験”を重ねた上で発言しているのだろう。しかし、原稿を書き終えた後も様々な疑問が浮かび、そのことが気になって仕方がない。今回は、そうした疑問の中から、まずは課題となりそうなものを挙げてみたい。

課題1. 課税の対象は「ロボット」だけか?

これまで単に「ロボット」と書いてきたが、人によっては「単純な工作機械としてのロボット」だったり、「人工知能(AI)の象徴としてのロボット」だったり、「AIを搭載した人型のロボット」だったりもする。

次ページロボットの定義とは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。