(第6回)チャンス思考123

内田隆

 前回は、打席に立ち続けるためのセルフリード思考術の大切さをお話しました。今回は、チャンスに数多く出合うために今日から職場や通勤中から始められる具体的なセルフ思考改革123をご紹介します。

 35歳にもなれば自分なりの思考モデルがすでに確立されてしまっています。特に前回紹介したタイプN(チャンスロス思考/失敗思考)の人ならば尚更です。自分経営改革を断行するためには、自分自身が徹底的かつ戦略的に思考改革を行う必要があります。

 思考改革を実現する有効な方法は様々ありますが、今回は言葉と行動それぞれ一つずつ紹介します。


【思考改革術 その1 セルフリフレーミング技術】

 リフレーミングとは文章をポジティブな言い方に直す方法です。物事を常に前向きに考え、チャンスをチャンスと考え飛び込めるタイプP(チャンス思考/成功思考)の人はこの思考技術に秀でています。
 例えば、次の10個の後ろ向きな言葉をリフレーミングして前向きな言葉に言い換えてみてください。

失敗思考の人のセリフ   成功思考の人のセリフ
1.「難しいなぁ」  
2.「忙しいなぁ」  
3.「傷ついたなぁ」  
4.「面倒くさいなぁ」  
5.「あの人は扱いづらいなぁ」  
6.「どうもやる気がでないなぁ」  
7.「失敗したなぁ」  
8.「疲れたなぁ」  
9.「騒がしいなぁ」  
10.「頭にくるなぁ」  
※回答例は最後に紹介します
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。