早婚したい、草食男子たちのまっとうな本音

若者の間で「求婚男子」が急増中?

また、C君の場合でもB君と同じように、彼女との将来計画が就職活動に影響を及ぼしている。彼は「早めに結婚することで会社での飲みの付き合いなどに影響が出るかもしれない」と話す。それでも彼はワーク・ライフ・バランスを重視して就職先を決めたという。なぜなら「彼女の子育ての負担を少しでも減らしたいから」。そのために接待がなく、社内の飲み会も激しくなさそうな会社と部署を選んだという。

都内の結婚式場を見学

そういったC君の「結婚して子どもをつくり、幸せな家庭を築くこと」への願望の背景にも、彼の育った家庭環境があるかもしれない。B君とも似ているが、C君の家庭は、両親ともに優しく家族みんなの仲が良い、温かい家庭だったという。付属の名門校から大学に上がってからも、留学など自由にやりたいことをやらせてもらえた。そういった家庭で育ったからこそ、自分も「幸せな家庭を築きたい」「親にしてもらったことを自分の子どもにも返したいと思う」のだという。

C君がTwitterに投稿した、プロポーズを報告したツイート(指輪を持つ彼女の写真付き)には友人たちからの200件近くの「いいね」がついていた。早めの結婚やプロポーズが同世代の若者たちから支持されているのかもしれない。

若年男性が早く配偶者を定め、結婚を望む理由

ここまで、20代前半での結婚を視野に入れ、人生設計まで行う若者男子についてレポートしてきた。

彼らはなぜそんなに早く配偶者を定め、結婚を望むのだろうか。その理由の1つにB君が挙げたような「共働き家庭の一般化」が考えられる。今の若者世代は、自身の親も共働きという環境で育ってきたケースが多い。そうした中で、「結婚は男性がある程度稼げるようになってから」とは考えず、ダブルインカムが当たり前だからこそ収入面での結婚のハードルが下がっている、ということがいえるかもしれない。

次ページ2つ目の理由は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT