鈴木おさむ「僕はイクメンと名乗りたくない」

森三中・大島美幸が産後半年で復帰した理由

田中:夫も家事に参加するべき、という意識は、ここ40年ぐらいかけてじわじわ普及してきたものです。NHK放送文化研究所の調査によると、1973年時点では、夫の家事参加に対して38%が「すべきではない」と考えているんです。それが2013年現在では、89%が「するのが当然」になっているんですね。

男が家事・育児をするのは”何かをあきらめること”?

ところが、男の家事育児に対する意識はこんなに変わっても、男の働き方はまったく変わっていない。特に会社員だと、長時間労働であることに変わりはないんです。だから、女性が働いて出世していこうとすると、誰かが(家庭に)帰ってこなければならないんです。けれど、「誰が家庭に帰ってくるのか」という議論がない。

鈴木:そうですね。男が家事・育児をやるというのは、一般的に何かをあきらめなくてはいけないということです。

僕の知り合いに1人、主夫がいます。妻はテレビ局勤務、夫は元芸人さんで、奥さんに「仕事をしなくていい」と言われたらしいんですよ。だから、毎日ご飯を作って、育児をしている。

鈴木おさむ(すずき おさむ)/放送作家
1972年生まれ。19歳で放送作家となり、初期はラジオ、20代中盤からはテレビの構成をメインに数々のヒット作を手掛ける。30歳の時に森三中の大島美幸と結婚。その結婚生活をエッセイにした『ブスの瞳に恋してる』はシリーズ累計60万部。現在一児の父。オフィシャルブログはこちら(撮影:梅谷秀司)

彼の場合、自分が社会で活躍すること、出世することにもともと欲がなくて、あきらめた部分もあると思います。だから、主夫をするのは、彼の性格にすごく合っているんだと思うんですけど。世間では、家事や育児は女性がやるもの、というイメージがにおいすぎるんですよね。

田中:中高年の男性がいちばん心配しているステータスは「無職」です。男で中年なのに働いてないというのは、彼らの存在意義を大きく揺るがすこと。もちろん、働くといっても不安定な職はダメです。「え、中年でフリーター?」と思われるのが怖いんですね。

男性が働くことにこだわるのは、結局一生懸命働いていれば周りが安心するというのが大きいんです。女性の場合は逆で、一生懸命働いていると心配されて、子どものお世話をして、巾着を手作りしたと言うと、「いいお母さんだね」と言われる。女も仕事を持つようになったのに、「男は仕事、女は家庭」というルールは、現在でもあまり変わっていないというところに問題があります。

鈴木:僕が1年間仕事を休めたのは、40歳を過ぎていたからというのもある。周囲が僕の状況を理解して協力してくれたからこそ、休むことができた。経済的にある程度蓄えもあって、(仕事で)戻ってくる場所があるという自信もあった。

だからこそ、放送作家というキャリアからひととき外れても、人間としてのステージを1つ上がれるんじゃないか、見える景色が変わるんじゃないか、という期待をもって休むことができたんです。

次ページ人間としてのステージを上がれた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。