ポルシェ911の新生「GTS」は何が変わったか

ベースから迫力を増したデザインと走行性能

スポーティグレード「GTS」を追加

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ポルシェは1月8日、北米で開催されたデトロイトモーターショーで、911シリーズのスポーティグレード「GTS」を新たに追加。ワールドプレミアをおこなった。

2015年9月に、フランクフルトモーターショーで発表された991後期型911 カレラ/911 カレラ Sを皮切りに、「ライトサイジング」ターボユニットへの方針転換がスタートしたポルシェ 911 シリーズ。それから1年4か月を経た今年1月のデトロイトショーにて、既定路線を確認するかのように911 GTS各モデルもデビューを果たすことになった。

クーペとカブリオレにそれぞれ後輪駆動(RR)の「911 カレラ GTS」とAWDの「911 カレラ 4 GTS」。そしてタルガはAWDの「911 タルガ 4 GTS」と、合わせて5つのモデルが同時デビューを図った新生911 GTSシリーズは、従来型と同じくRRを含むすべてのモデルに4WDバージョンと同じワイドボディが奢られている。

いずれのGTSも、911 カレラ/911 カレラ Sよりもスポーティなデザインとされたフロントエプロンがスポーティなキャラクターを強調するとともに、空力面でも最適化。低められたフロントスポイラーとより高くせり出すリアスポイラーによって、カレラ Sモデルより前後のリフトが低減されるという。またリアエンドでは、スモーク処理が施されたテールライトに、シルクグロスブラックに塗られたインテークグリル、中央部に配置されたスポーツエクゾーストシステムの黒いツインテールパイプを標準装備する。

そしてサイドビューでは、スポーツデザインのドアミラー、シルクグロスブラックに塗られたセンターロック式20インチホイール、そしてドアに貼られたGTSロゴを装着。加えてタルガボディでは、その特徴である「タルガバー」がGTSとしては初めて黒くペイントされ、既存の911 タルガとの違いを際立たせることとなった。

次ページインテリアにも「GTSの遺伝子」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT