ポルシェ911の新生「GTS」は何が変わったか

ベースから迫力を増したデザインと走行性能

 

スポーティグレード「GTS」を追加

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ポルシェは1月8日、北米で開催されたデトロイトモーターショーで、911シリーズのスポーティグレード「GTS」を新たに追加。ワールドプレミアをおこなった。

2015年9月に、フランクフルトモーターショーで発表された991後期型911 カレラ/911 カレラ Sを皮切りに、「ライトサイジング」ターボユニットへの方針転換がスタートしたポルシェ 911 シリーズ。それから1年4か月を経た今年1月のデトロイトショーにて、既定路線を確認するかのように911 GTS各モデルもデビューを果たすことになった。

クーペとカブリオレにそれぞれ後輪駆動(RR)の「911 カレラ GTS」とAWDの「911 カレラ 4 GTS」。そしてタルガはAWDの「911 タルガ 4 GTS」と、合わせて5つのモデルが同時デビューを図った新生911 GTSシリーズは、従来型と同じくRRを含むすべてのモデルに4WDバージョンと同じワイドボディが奢られている。

いずれのGTSも、911 カレラ/911 カレラ Sよりもスポーティなデザインとされたフロントエプロンがスポーティなキャラクターを強調するとともに、空力面でも最適化。低められたフロントスポイラーとより高くせり出すリアスポイラーによって、カレラ Sモデルより前後のリフトが低減されるという。またリアエンドでは、スモーク処理が施されたテールライトに、シルクグロスブラックに塗られたインテークグリル、中央部に配置されたスポーツエクゾーストシステムの黒いツインテールパイプを標準装備する。

そしてサイドビューでは、スポーツデザインのドアミラー、シルクグロスブラックに塗られたセンターロック式20インチホイール、そしてドアに貼られたGTSロゴを装着。加えてタルガボディでは、その特徴である「タルガバー」がGTSとしては初めて黒くペイントされ、既存の911 タルガとの違いを際立たせることとなった。

次ページインテリアにも「GTSの遺伝子」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。