ポルシェ911の新生「GTS」は何が変わったか

ベースから迫力を増したデザインと走行性能

スポーティグレード「GTS」を追加

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ポルシェは1月8日、北米で開催されたデトロイトモーターショーで、911シリーズのスポーティグレード「GTS」を新たに追加。ワールドプレミアをおこなった。

2015年9月に、フランクフルトモーターショーで発表された991後期型911 カレラ/911 カレラ Sを皮切りに、「ライトサイジング」ターボユニットへの方針転換がスタートしたポルシェ 911 シリーズ。それから1年4か月を経た今年1月のデトロイトショーにて、既定路線を確認するかのように911 GTS各モデルもデビューを果たすことになった。

クーペとカブリオレにそれぞれ後輪駆動(RR)の「911 カレラ GTS」とAWDの「911 カレラ 4 GTS」。そしてタルガはAWDの「911 タルガ 4 GTS」と、合わせて5つのモデルが同時デビューを図った新生911 GTSシリーズは、従来型と同じくRRを含むすべてのモデルに4WDバージョンと同じワイドボディが奢られている。

いずれのGTSも、911 カレラ/911 カレラ Sよりもスポーティなデザインとされたフロントエプロンがスポーティなキャラクターを強調するとともに、空力面でも最適化。低められたフロントスポイラーとより高くせり出すリアスポイラーによって、カレラ Sモデルより前後のリフトが低減されるという。またリアエンドでは、スモーク処理が施されたテールライトに、シルクグロスブラックに塗られたインテークグリル、中央部に配置されたスポーツエクゾーストシステムの黒いツインテールパイプを標準装備する。

そしてサイドビューでは、スポーツデザインのドアミラー、シルクグロスブラックに塗られたセンターロック式20インチホイール、そしてドアに貼られたGTSロゴを装着。加えてタルガボディでは、その特徴である「タルガバー」がGTSとしては初めて黒くペイントされ、既存の911 タルガとの違いを際立たせることとなった。

次ページインテリアにも「GTSの遺伝子」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT