ポルシェ911の新生「GTS」は何が変わったか

ベースから迫力を増したデザインと走行性能

一方インテリアにも「GTSの遺伝子」は反映され、スポーツクロノパッケージのストップウォッチがダッシュボード中央部に埋め込まれたほか、「ポルシェ トラックプレシジョン アプリ」もGTSのデビューに合わせて変更。またインストゥルメントパネルは目の粗い黒の酸化コート処理が施されたアルミパネルが用いられる。

またシートは、新しいステッチパターンのアルカンターラで仕立てられる上に、ステアリングホイールのリムやセンターコンソールボックス、アームレストなど、アルカンターラ表皮がインテリアの大部分を占めることになった。

パワーユニットの変更

しかし、新たな911 GTSの誕生に当たって誰もが最も興味を示すのは、おそらくパワーユニットの変更に違いあるまい。

新型GTSの心臓部となるのは、991後期型の911カレラ/カレラSと基本を一にするツインターボ付きの3リッター6気筒水平対向エンジンで、450psの最高出力を発生。これは現行の911 カレラ Sから30psのアップ。自然吸気エンジンを搭載していた先代GTSモデルを20ps凌駕する数値である。また2150-5000rpmの広い回転域で発生する550Nmの最大トルクは、より優れた加速と柔軟性を両立するとアピールしている。

この新パワーユニットを搭載した新型911 GTSの中で、最も加速性能に優れるのは911カレラ 4 GTS クーペで、PDK(ポルシェ ドッペルクップルング)と標準装備の「スポーツクロノパッケージ」の組み合わせで、0-100km/h加速を3.6秒でカバーするというデータが公表されている。他方、最高速はいかなるGTSモデルも300km/hを超えると標榜するが、中でも最速となるのはクーペボディ+RRの911 カレラ GTS。PDKとの組み合わせでは310km/hに達するとのことだ。

さらに新型911 GTSは、当代最新のスポーツカーらしく高レベルの効率性を維持しているのも、重要なトピックと言えるだろう。例えば最も有利な911 カレラ GTSのPDK仕様なら、NEDC(新欧州ドライビングサイクル)の燃費は8.3リッター/100km(リッターあたり約12km)。CO2排出量では188g/kmという数値をマークする。

もちろんシャシーについてもGTSの系譜は引き継がれるのは言うまでもないことで、今回もすべてのGTSモデルに「ポルシェ アクティブ サスペンション マネジメント(PASM)」が標準装備され、カレラ/カレラSより車高が10mmダウン。GTSクーペではスポーツシャシーが組み込まれるため、さらに車高が10mm低く設定されることになるという。

エンジンのみならず、あらゆる点でアップ・トゥ・デートが施された新型911 GTS シリーズ。既にポルシェ ジャパン株式会社では、2017年3月からの正式デリバリー開始を予告しており、5種類のGTSモデルすべてのバリエーションの予約受注を2月9日(木)から全国のポルシェ正規販売店にて開始するとのことである。

(文・武田公実)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT