ポルシェ「718ケイマン」は一体何がスゴいか

ターボ4気筒エンジン搭載モデルの実力

今回の718 ボクスターと718 ケイマンでは、その出力スペックが完全に同一に

ターボ付きの4気筒ユニットへ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ボクスターに続き、いよいよケイマンも自然吸気6気筒ユニットにお別れを告げるときがやってきた。ターボ付き4気筒ユニットをミドに搭載し、名称も新たにポルシェ 718 ケイマンとした新型。果たしてその出来栄えやいかに。

ボクスターに続き、ミッドシップの基本骨格をシェアするケイマンにも、大幅なリファインの手が加えられた。

最新ボクスター同様、“718”の名称が与えられたことからも明らかなように、変更メニューの中で最も注目に値するのは、2人分のシート背後に搭載される水平対向エンジンが、従来の自然吸気6気筒ユニットからターボ付きの4気筒ユニットへと改められたことだ。

そして僅かではあるが、これまで常にボクスターシリーズを上回る最高出力値を誇ってきたケイマン用ユニットが、今回の718 ボクスターと718 ケイマンでは、その出力スペックが完全に同一になった。これを根拠として、これまではボクスターよりも高かったケイマンのプライスタグが、今度は「ボクスターよりも下」という位置づけに変更された点も、今回のニュースのひとつである。

なるほど、兄貴分である911をはじめ、他ブランドの作品でもシリーズ内にクーペとオープンの両ボディを揃える場合、前者の方が安価で後者は割高というのが、世の常識というもの。

一方で、「走りのパフォーマンスが高いのだから、より高価なのは当然」という、ちょっと理不尽なポルシェのセールストークに服従(?)を強いられて来たこれまでのケイマンオーナーにとっては、今回の突然の”趣旨変更”は、ちょっとばかり納得し辛い事柄かも知れない。

次ページ718 ボクスター同様
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT