ポルシェ「718ケイマン」は一体何がスゴいか

ターボ4気筒エンジン搭載モデルの実力

今回の718 ボクスターと718 ケイマンでは、その出力スペックが完全に同一に

ターボ付きの4気筒ユニットへ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ボクスターに続き、いよいよケイマンも自然吸気6気筒ユニットにお別れを告げるときがやってきた。ターボ付き4気筒ユニットをミドに搭載し、名称も新たにポルシェ 718 ケイマンとした新型。果たしてその出来栄えやいかに。

ボクスターに続き、ミッドシップの基本骨格をシェアするケイマンにも、大幅なリファインの手が加えられた。

最新ボクスター同様、“718”の名称が与えられたことからも明らかなように、変更メニューの中で最も注目に値するのは、2人分のシート背後に搭載される水平対向エンジンが、従来の自然吸気6気筒ユニットからターボ付きの4気筒ユニットへと改められたことだ。

そして僅かではあるが、これまで常にボクスターシリーズを上回る最高出力値を誇ってきたケイマン用ユニットが、今回の718 ボクスターと718 ケイマンでは、その出力スペックが完全に同一になった。これを根拠として、これまではボクスターよりも高かったケイマンのプライスタグが、今度は「ボクスターよりも下」という位置づけに変更された点も、今回のニュースのひとつである。

なるほど、兄貴分である911をはじめ、他ブランドの作品でもシリーズ内にクーペとオープンの両ボディを揃える場合、前者の方が安価で後者は割高というのが、世の常識というもの。

一方で、「走りのパフォーマンスが高いのだから、より高価なのは当然」という、ちょっと理不尽なポルシェのセールストークに服従(?)を強いられて来たこれまでのケイマンオーナーにとっては、今回の突然の”趣旨変更”は、ちょっとばかり納得し辛い事柄かも知れない。

次ページ718 ボクスター同様
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。