ポルシェ「718ケイマン」は一体何がスゴいか

ターボ4気筒エンジン搭載モデルの実力

ポルシェ車の例に漏れず、“走り”に関係するオプションは多数。今回の試乗車も、メカニカルLSDとセットのトルクベクタリング機構「PTV」や20インチのシューズ、低速時の操舵力を軽減する「パワーステアリング プラス」や、電子制御式の可変減衰力ダンパー「PASM」を全モデルで選択。また、すべてのSグレードには、今回このグレードに初設定された、ベース仕様よりも20mmのローダウン(PASM比で10mmダウン)が図られる、「PASMスポーツシャシー」を選択していた。

最新型のポルシェとは

スプリングやスタビライザーのレートをこれまでよりも高め、ダンパーも再度のセッティング。ステアリングのギア比を早め、それに呼応してリアホイールをワイド化すると共に、リアサスペンションの横剛性もアップ……と、主にそうしたリファインが行われた718 ケイマンのフットワークは、ひとことで表現してしまえば一般道の上でもサーキットで追い込んでも「ゴキゲンそのもの!」と言うしかないものだった。

ミッドシップレイアウトの持ち主ならではの俊敏さを演じつつ、そのハンドリングに“過敏”な印象は伴わない。サーキット走行では、前出ローダウン化が図られたSグレードが、そのパワフルさと共に特に精彩溢れる走りを堪能させてくれたのは当然のこと。一方で、そんな「PASMスポーツシャシー」が、快適性にはさしたるマイナス面を及ぼしていないのは一種の驚きだった。

ところで、こうして718 ケイマン シリーズの高い走りのポテンシャルを味わいつつも、やはりこれまでの6気筒モデルに懐かしい思いを抱く場面も、皆無ではなかったものだ。それはやはり、より滑らかな回転フィールや、官能的なサウンドを味わわせてくれるという点では、「従来型ならではの、捨てがたい魅力があった」という事柄ゆえ。

もちろん、市場からそんな声が現れるであろうことは、“マーケティング カンパニー”であるポルシェは重々承知をしているはず。かくして、この先にはいかなる次の一手が用意をされているのかも気になって来る。最新のポルシェとは、いつの時代も「最も意義深いポルシェ」でもあるのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT