ポルシェ「718ケイマン」は一体何がスゴいか

ターボ4気筒エンジン搭載モデルの実力

ポルシェ 718 ケイマンを試乗する──サーキットでも一般道でもゴキゲンそのもの! vol.1

変更内容は、基本的には718 ボクスターのものと同様

エンジン換装と共に、見た目やシャシーチューニングなども行われた718 ケイマンの変更内容は、基本的にはいずれも718 ボクスターが先んじて行ったものと同様だ。ライトのグラフィックや前後バンパーのデザイン変更などは、ポルシェ車に限らずいわゆるマイナーチェンジでの定番的メニュー。

車名ロゴが配されたリアスポイラー下部の黒い“アクセントストリップ”は、ボクスター共々718シリーズとなってからの、リアビューの新しい特徴点。ちなみに、そんなリアビューでタイヤのサイドウォールとフェンダーフレア部分とのツライチ感が強まって感じられるのは、タイヤサイズは不変ながらもホイール幅が0.5インチ分ワイド化をされているからだ。

インテリアではまず、昨今デビューのポルシェ車が例外なく用いる「918スパイダー用アイテムがモチーフ」という、新デザインのステアリングホイールの採用が目立つ。従来は、センターコンソール上にレイアウトされていた走行モード切り替えスイッチを、このステアリングホイール上のダイヤルへと置き換えたのは、視線を落とさず操作出来る点で安全性の向上にも寄与する。

安全性といえば、アダプティブ クルーズコントロールや、レーンデパーチャー ワーニングなどのオプション設定も、718シリーズでのポイント。これまで、“汎用ナビ”を取り付けるに甘んじていた日本仕様でも、ようやく本社開発のテレマティクスシステムである「PCM」が装着されるようになったのも、もちろん見逃せない。

次ページマルメ周辺と近郊のショートサーキットにて
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT