「ポルシェ911」の最新仕様は一体どんな車か

安心感と気持ちよく感じるツボを押さえた

スポーツカーといえばつねに気になるのがポルシェの存在だ。最新の911はエンジンが大幅に変更され、排気量も小さくなった。それは世界で一番ともいわれるこのスポーツカーにどう影響を及ぼしたのだろうか。短期集中連載『GQポルシェ夜話』の第1夜をお届けする。

新世代「ポルシェ911」の最大の特徴は?

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ポルシェ 911 カレラSと、同911 ターボSの2台を富士スピードウェイで試乗した。911はグランドツアラーといって速いペースを維持しながら長距離を走るのを得意とするモデルだが、やはり「S」が付くのはより高性能を意味している。

カレラとカレラSの最高出力を比較すると、272kW(370ps)に対して309kW(420ps)である。ターボとターボSの関係もカレラと同様。かたや383kW(520ps)とただでさえ高出力だが、ターボSではチューニングによって412kW(560ps)にまで高められている。

新世代の911はエンジンが新しくなっているのが最大の特徴だ。燃費効率(走行kmあたりのCO2排出量低減)を考慮にいれて、カレラの6気筒エンジンの総排気量が従来の3.4リッター(カレラ)と3.8リッター(カレラS)から、ともに3リッターへと縮小されたのだ。もうひとつ特筆すべき点はターボチャージャーを装着したことで、それにより最高出力は両モデルとも従来より15kW(20ps)向上している。

次ページぐいぐいと加速していく感覚はさすがだ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。