「ポルシェ911」の最新仕様は一体どんな車か

安心感と気持ちよく感じるツボを押さえた

911 ターボSはとにかくカッコいいクルマだ。僕は以前から太いタイヤと大きなフェンダー、それに大型リアスポイラーというこのモデルならではの一種の機能美に惹かれてきた。新しい911 ターボSも自動車好きの興味をとらえて離さないようなディテールが特徴的だ。大きな放熱用のスリットの入ったエンジンフード、専用デザインのリアコンビネーションランプ、センターロック式の20インチホイール。レーストラックのイメージをうまく翻案している。

パワーは圧倒的だ。とくに大きなコーナーとストレートでの速度の立ち上がりかたは言葉にならないぐらいの快感をもたらしてくれる。静止から時速100kmまで加速するのに2.9秒しかかからないというメーカー発表値から期待できるとおりの加速力だ。

ポルシェならではのマジック

市販ガソリンエンジンに2基の可変ジオメトリーターボチャージャーを備えた唯一のメーカーとポルシェは胸を張るが、そのはポルシェの自信を裏付けるものだ。パワーが一直線に上昇していくすばらしい感覚は高品質なパーツと緻密な制御ゆえで、911 ターボまたはターボSの幸運なオーナーになれば、この幸福なフィーリングが手に入る。うらやましいかぎりである。

911 ターボS(2599万円)は911 ターボに対して363万円高だ。その金額が払えるひとには見返りがちゃんとあると思う。アルファベット1文字(S)が追加されるだけで、別次元のクルマになる。それこそポルシェならではのマジックだ。マジックとは虚構を作ることではない。英語ではひとを魅了する力のことをいう。まさにそのとおりの出来なのだ。

(文・小川フミオ、写真・花村英典)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。