パリの中高年が「裸族ビーチ」の虜になる理由

衣服から開放される「心地よさ」は想像以上だ

裸であることを楽しむ、ナチュリスト・ヴィラ。そのメッカが南仏にあります。利用者は意外にも、中高年が多いようです(写真:sborisov / PIXTA)
“裸だからって恥ずかしくなんてないわ。1日でも過ごせばむしろ服を着ているのが滑稽になるの。楽園を追放される前、神の祝福の中では皆こうだったのよ。失われた楽園への回帰なの”
〜エマ スタイリスト

 

あけましておめでとうございます。今年も「生涯現役」を目指していきましょう。

フランスの名女優、カトリーヌ・ドヌーヴが、映画監督で艶福家としても有名なロジェバディムとセーヌ河畔の瀟洒なアパルトマンでベタっと暮らしていたころの話。パーフェクトなプロポーションをキープするために、四六時中全裸を強要されたという話があります。でも、裸体の日常化はエロスの減退になるのではないかしら。

わたくしの知りあいの中にも、何人か室内裸族ファミリーがいます。パートナーとの間はともかく、親子間でも……となると子どもが思春期になったら、いったいどうなるのでしょうか。

ヌーディストビーチ総本山がフランスにあった!

そして、フランスには世界最大級の「裸族の村」があるのをご存じですか。エーゲ海や地中海沿いに点々と存在する「ヌーディストビーチ」の総本山と目されているのが、南仏のエロー県(なんて名なの!)キャップダグドにある、ナチュリスト・ヴィラ(Le village naturiste du Cap d’Agde)です。

最近では、世界60カ国以上を旅したTVのトラベル・レポーターが訪れて、大絶賛したという話もあります。わたくしの友人たちの中にも、リピーターになった人がたくさんいます。そして、パリ近郊にもナチュリスト・ヴィラの建設計画が持ち上がっているという噂も。いったい、なにが魅力なのでしょう。

そもそもヌーディストとは、「裸体主義者」のこと。ヌーディズム(Nudism)――衣服を着て生活することを自明とする社会での中で、スッポンポンになって衣服の拘束から逃れ、全身を日光や大気、あるいは水に浸して楽しみリラックスする活動――を実践する人たちのことです。

ヌーディストにとってのヌードとは、ただ服を脱いだだけの裸体にあらず。“見られることが前提の裸”といったニュアンスがあるそうです。そして、ヌーディストの中で、もう少し自然の要素を強調したものがナチュリストと言われます。

次ページ知られざる裸族村の実態とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT