「間抜け」が究極ビジネススキルといえるワケ

仲間に可愛がられる人には共通点がある

木本 武宏(きもと たけひろ)/1971年大阪府生まれ。1990年木下隆行とお笑いコンビTKOを結成しツッコミを担当。2006年、東京へ本格的進出。S−1バトル優勝、キングオブコント総合3位などの受賞歴がある。レギュラー番組にTOKYO MXテレビ『昼キュン!』水曜日MC。『Abema Prime』金曜日では、本連載をビデオコンテンツ化した番組も配信中。2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にもコンビで出演する

木本:三枝さんはいろんな番組を手がけられましたが、MCも含めて、人材を抜擢する基準はどこにありますか?

三枝:番組によりますが、かわいげが大きな要素です。テレビは家の中に入ってくるメディアなので、すぐそこにいるような親近感あるイメージの人に出てもらうのが多いですね。

木本:親近感とは簡単なようで難しいですが、才能ではない資質でいうと何がベストなんですか。

三枝:本にも書きましたが「間抜け力」ですね。見ている側が「何やってんだよ、あいつ」と、思わせるような感じがテレビでは求められるので。社会でもちょっと頼りない感じの人を、ついついかまって助けてあげたくなるような感覚です。

木本:ある番組プロデューサーからは、「木本君は女の部分をもっと出さないとダメ」と言われました。それは「間抜け力」に近いものですかね。

三枝:テレビは女性に愛されないと伸びません。視聴者の大半が女性なので、女性に共感を得られる雰囲気作りは大事です。モノでもコトでも、女性に愛されるものでないと消費が動かないのと近いのでは。

木本:女性受けは簡単に作れるものでないので、難しいですね。間抜け力とは素の自分がどれだけ出ているかでもあるのでしょうか。

三枝:素の自分っぽい自己演出を含めて作っていく感じでしょうか。ネタを舞台や番組でやるときに、キャラクター化するというか、別人格になるじゃないですか。MCのときもそのテクニックを利用するといいんじゃないでしょうか。バカになれる人が出世するなんてことも、よく聞きますし。

木本:ネタをやる、バラエティのMCをする、ロケで進行するのも、普段の生活が全部つながっていて、上手にキャラクターを演じたものが生き残れるんですね。

芸人はPDCAサイクルの達人である

三枝:いま芸人さんがMCになることが多いのは、若手時代に舞台に立って、ウケたウケないの洗礼を浴び、楽屋でそこを直してまた舞台に立つ繰り返しで、いつの間にか自分たちを鍛えているからです。またウケたから、そこは伸ばそうとか。ネタが仕上がる過程はビジネスでいうPDCAサイクルを自然に回しているから強いのです。

木本:PDCAですか? Pがプラン、Dがドゥ、Cがチェック、Aがアクトですね。コントのネタでは確かにこの4つを繰り返しやっていますね。

次ページ突出した個よりもグループの力へ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT