「スッキリ!!」を10年支える加藤浩次の仕事術

3つの「やってはいけないこと」を心掛ける

相手にゆだねてしまえる懐が深い人は、やっぱり一目置かれます
MC力を鍛えると、いままでの人生が変わってしまうぐらい、ものすごいチャンスと成功が手に入る!
「スッキリ!!」「ZIP!」ほか、数々のヒット番組を手掛けてきた元日テレの敏腕プロデューサーの三枝孝臣氏が、25年間のテレビマン人生で手に入れた、一流のMCとして活躍している人たち、ビジネスですごい結果を出している人たちに共通する秘蔵のメソッドを初めて明かした『一流のMC力』を出版した。
MC力は、テレビの世界だけでなく、ビジネスにも、プライベートにも本当に役立つのか?
本連載は、三枝氏が、現在、テレビやビジネスの現場で活躍している方に話を聞いて、今日から使える働き方のヒントを得ようというもの。
今回は、加藤浩次氏の後編。「スッキリ‼」開始から10年が経って、MCとしての心境に変化はあったのか? 番組スタート直後から伴走してきた三枝氏に、理想とするMC像や、自らの意識が変わった瞬間を明かした。

 

【前編】「切れキャラ」加藤浩次がMCに選ばれたワケ

37歳の加藤浩次を本気にさせた事件

『一流のMC力 : どんな仕事でも成果を最大にする』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

三枝孝臣(以下、三枝):「スッキリ‼」のMCになってから、加藤さんの中で、働き方の意識が変わりましたか?

加藤浩次(以下、加藤):2006年は、まさに転換期でした。番組がスタートした3カ月後に、山本(極楽とんぼの相方、山本圭壱)が事件を起こしました。

それまで、「番組がどうなろうと関係ねえよ」という感じで仕事していましたが、「スッキリ!!」の番組冒頭で僕が謝罪したとき、MCとしても本腰入れてというか、ちゃんとやろうと決意しました。山本を復帰させるためには僕が生き残らなければいけないんだ、と考え出したのは間違いないですね。

三枝:山本さんが帰ってくるまでちゃんとしていないと、復帰をウェルカムできないという意識があったんですね。

加藤:ありました。ある意味縛られた、重荷を背負わされたという意識です。仕事や生活をきちんと「守って」いこう、僕だけはちゃんとしなければいけないという方向に、大きく針が振れました。

次ページ僕は器用な人間じゃないので
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT