「間抜け」が究極ビジネススキルといえるワケ

仲間に可愛がられる人には共通点がある

三枝:昔は完全台本の番組が多かったですよね。ステージに上がっても台本どおりにやってくださいという時代が長かったけれど、「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系列)から、台本はあっても、そこから少しずつ逸脱する面白さが出てきた。「8時だョ!全員集合」(TBS系列)のドリフターズとひょうきん族の視聴率戦争の時、完璧な台本を演じていたドリフに対して、どこか楽屋オチ的に台本からずらしていくひょうきん族が最終的に勝ったのが時代の転換点だったのではと感じます。それ以降はその場でPDCA を回すような時代になったのではないかと思います。

木本:ドリフからひょうきん族になって、よりフリーなスタイルが台頭してきて、番組づくりもまた少し変わっていますが、世の中というか時代が変わっているんでしょうか。

三枝:突出した個よりもグループの力へ変化ですね。ひな壇芸人という言葉が、いつのころからか出てきたように、全体のイメージで物事を進めるスタイル。そのほうが周りから見て楽しそうだなという感じの作りが多くなりました。ビジネスの世界でも、チームワークを大切にして仕事を進めていくのはいまや普通に見られる光景です。

渡辺直美のギャップ力に学べ

木本:三枝さんは「ギャップ力」の大切さも強調されています。僕も長いことやっているので「ギャップ力」は確かに必要だなと思いました。

三枝:どんなジャンルであれ、ある部分が特化してすごい人、優れた人がいます。でも、1つがすごいけだけではダメで、意外な一面があると、人間の幅だったり、魅力が増します。その人なりの人間性を感じてもらいやすいのです。ギャップが大きければ大きいほど、かわいげのような人間性がついてくると思います。

木本:なるほど。高学歴のお笑い芸人が増えていますが、その芸人が頭だけではなく運動神経もよいとしたら、それはかわいげにならない。プラス方向だけではギャップが作りにくいということでしょうか。

三枝:頭がよくて運動できて、顔もよい人に対しては、「それはあなただけでしょ」と感じて人間は嫉妬してしまう。ですが、その人が太っていたならば、いいギャップになってかわいげが生まれるでしょう。

木本:三枝さんの本には、部屋が汚いアイドルはいいギャップにならないとありました。

三枝:片付け下手はネタにはなるけど、かわいいとは思われないからですね。自分の持っているアイテムの中で、どれがプラス面のギャップになるかを考えるといいと思います。

木本:整理整頓がまったくできなそうな女性が、実は部屋がとてもきれいというギャップのほうがいいわけですね。

次ページツッコミキャラは損?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT